<< Sept 2005 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

晴天の朝

週末を迎え今朝は晴天・・・・取りあえず今日はね。
日曜日持ってくれると良いけどお天気だけはね難しいものです。
取りあえず、地曳き網やイベントも出来そうなので良しとしましょう。
今日から気が気でなりません。そう!明後日の「表浜おいでん祭」です。
今朝は海も穏やかなほうでしょうか。うねりも胸ぐらいのサイズ。少し風が入っていますがね。
浜は人が少なく、風も心地よい。こんな天気だったらな〜日曜日。
「表浜おいでん祭」は地曳き網とアカウミガメとアオウミガメが表浜に来ます。
そして2頭のウミガメは表浜から太平洋に旅立ちます。
露天屋さんや農家さんの自前野菜なども販売されます。今が旬な小島梨もお安く買えますよ。
今なら新高という梨の品種が美味しいです。
是非お出かけ下さい。子ども連れでね。

写真は心地よい潮風と朝日に包まれた細谷の海岸。好きだな〜この景色。

今朝の心地よい表浜海岸フォトアルバム

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

なんとか開催

出来そうですね!「表浜おいでん祭」
台風は西にスピードを上げて向かっていきそう。前線が残りそうですが、まあ、台風直撃を考えれば良い方です。地曳き網も出来そうでなんとか消化出来るでしょう。
明日から準備に追われそうです。海岸でイベント行うのも結構大変です。
今日はやはり夕方、海岸に向かいました。もう10月も直ぐです。早いものですね。
浜辺を歩いていても、涼しく気持ちよいです。山々も色がすっかり秋になっています。
潮位も高く、波は胸サイズぐらいで風でボヨボヨした状態です。
人もまばら、まさに秋ですね。

写真は夕方の小松原の浜、吹き抜ける風は乾燥して秋の香り。

今日の表浜フォトアルバム

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

どんより曇り

今日は朝から夕まで曇りです。少し肌寒いような天気ですね。
なかなかスカッと晴れない空と同様に色々な諸問題もスカッと晴れません。
台風19号は西に逸れているようですが、うねりがあまり大きすぎると地曳き網が出来ないかも・・・・。
結構楽しみにしている人が多いので是非行いたいのですが。
アカウミガメの孵化状況はここ数日気になっている場所へ。
これぐらいの時期になると子ガメも色々と大変なようです。今日も草の根っこに絡まっている子ガメを見つけました。細かなコウボウシバの根は子ガメの体に執拗に絡むようです。
根を解くように出してやっても、子ガメはグルグルと同じ所をグルグル回ってちっとも海に向かっていきません。手をかざしても見えないのかぶつかってしまいします。
まいったものです。元気はあるのですが、右後ろヒレと視力に問題があるようです。

写真は草の根に絡まっていた子ガメ。陸上に出れたのですが・・・・。

今日の表浜フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

微妙な

位置ですね。台風19号。
予想では西に向かってくれると思うのですが。
もう決行するしかないので「どんとこい!」としか言えません。
屋外、しかも海は難しいね。
今朝は、今にも雨が降りそうな・・と言うより沖はたぶん雨が既に降っています。
黒い雲が沖合にべったりと乗っていますから。
もうすぐ10月。孵化もそろそろお終いに近づいています。
10月を過ぎて海水温が下がると、子ガメも生き残る確率は一気に下がるようです。
今朝も、子ガメの脱出状況が気になり、昨日見た場所に行くとなんと子ガメが1匹、仰向けにひっくり返っていました。仰向けなのでもう死んでいるのかなと思ったら、おっと動きました。かろうじて生きていたのです。
元に戻してやると、はい出し始めたのですが、またもやどうも変です。グルグルと同じ場所を回って、ひっくり返ってしまうのです。
産卵も後半だと障害が多いのでしょうか、それとも草の根に絡まっていたからでしょうか、少し前ヒレの動きが良くないようです。
それにしてもグルグル回ってしまうのは何か変です。視力は障害物(手)を出すとよけるので悪くないようです。
なんども、波打ち際に置いても戻ってきてしまう困った状況に小1時間つきあって、最後には少々乱暴ですが、ちょいっと沖に向かって投げてやりました。このような状況の子ガメは保護しても、やはり弱くて直ぐに死んでしまう事が多いのです。自然の中で生を全うしたほうが良いですよね。

そろそろ終盤のアカウミガメ孵化調査フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

雲が流れる夕方

夕方はめっきりと涼しくなり、浜辺を抜ける風が少しひんやりと感じます。
黒い雲が北西から流れているので雨も降りそうな気配ですね。
孵化状況を見に、ちょっと気になっていた浜を歩いていると、またもや消波ブロックに沿って延々と続く子ガメの足跡を見つけました。ブロックに沿って500メートルほどの所に沢山の子ガメの足跡。
たどるとしっかりと脱出していますね。しかし・・・・・・良く見ると子ガメの頭と前ヒレが出ています。
様子が変です。ぐったりとして動きません。堀だそうとしても、砂の中から何かに捕まれたように動きません。分かりました!首の所に根っこが絡んでいます。残念ながらこの子ガメは息を絶っています。その直ぐ下にも2匹の子ガメが、根っこに絡まっていました。2匹はなんとか救い出しました。
ちょっとずるして岸までワープ。元気に太平洋に泳ぎ出しました。
結構このような根っこに絡まるケースってあるのですね。アカウミガメの産卵に適している植生帯ですが、子ガメにとっては大変なんですね。

写真は草の根っこに絡まっていた2匹の子ガメ、なんとか生きていたので助け出し太平洋に。
今日の夕方の表浜フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

夕方は

朝の海とは一変し、波も肩ぐらいのサイズ、穏やかな浜辺になりました。
海は凄いですね。台風の位置と北西の風でこれだけ豹変しますから。
明日の朝は波も無くなるでしょうね。
今晩は涼しくてよく眠れそうですね。
ああ〜、一日ずれていたら・・・・・明日なら「表浜おいでん祭」も良い日だったのに。

写真は穏やかな浜に豹変した夕方の細谷海岸

夕方の表浜フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

北西風強し

今朝は「表浜おいでん祭」の告知漏れを心配して、朝から交差点で待つことに。
風が強く、看板が飛んでいきそうになります。まあほどよく人が来ない事を確認し、いつものように海岸の巡回を始めました。
朝方より、風が強烈になってきましたね。かなりの砂が舞っています。海はやはり未だに荒れており、うねりは沖で強烈に割れています。瀬から岸までの間に、黒い魚影が集まっています。ボラですね、昨日から集まっているようです。釣れたボラはやや小ぶり。表浜のボラは臭みが無く、刺身で食べると美味しいですよ。一度名古屋の友達に、鯛の刺身だといって食べさせたら気がつかず、美味しいと言って全部食べたほどです。
アカウミガメの孵化・脱出は今朝は確認出来ませんでした。しかし風が強いですね。

写真は青空と細谷の海岸。風の強い日は、遠くまで見通せます。

今日の表浜海岸のフォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

明日のはずでしたが

「表浜おいでん祭」は来週に延期。
看板付け替えて、台風のうねりがどうだか気になるので、浜の巡回に廻りました。
サーファーや釣り人も少なく、浜辺は廻りやすいですね。うねりは沖合で割れてはいますが本番ほどではないですね。
さて、アカウミガメの孵化状況はと、気にしながら進むと、なんと2カ所でドバッと大量に脱出していました。
1カ所は産卵してなかったと思っていたところからです。産卵層が分からなかったのですが、実は産卵していたって事もありますね。
よく産卵巣を探ってみると、草の根に絡んで出られない子ガメがいました。また草の根が卵を貫通しているものも。結構草の根も強いですね。

写真は思わぬ所から子ガメが孵化・脱出してました。見にくいかも知れないけど、草の中に居るのが子ガメ。
今日のアカウミガメ孵化調査フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

看板付け替えて

1日が終わってしまいました。今日なら結構海は遊べたようです。
疲れますね〜。
「表浜おいでん祭」は9月25日から10月02日に延期ですよ〜。
夕方は少し台風のうねりらしく波長が長い波ですね。
明日からはクローズアウトです。たぶん・・・・・。

写真は夕方の細谷の浜。明日は駄目かな。やはり・・・・。

夕方の浜フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

10月2日に延期しました

表浜おいでん祭のお知らせです!
台風17号の為、日程を延期しました!
10月02日の日曜日に表浜は細谷海岸にて「表浜おいでん祭」を催します。
表浜海岸に来て見てさわって、自然とこの地域の文化・地産品を味わって下さい!!

豊橋市制施行100周年記念事業
「表浜おいでん祭」

日時:2005年10月02日(日)
時間:午前9時〜午後3時30分
場所:愛知県豊橋市細谷町(細谷海岸)

イベント内容です!
1.砂浜アカウミガメ教室・・・南知多ビーチランドからアカウミガメ3頭が細谷の浜辺にやってきます。
2.地曳き網・・・子どもも大人も楽しくみんなで地引き網体験!
3.砂浜相撲大会・ビーチフラッグス大会・・・初代表浜横綱は誰?砂浜を自由自在に走り回れる人は?
4. JA農業体験・バザー・・・地産の美味しい野菜を!
5.大人も子どももサーフィン教室・・・豊橋サーフィン協会がレッスン!さあチャレンジ!
6.表浜街道巡り・・・表浜街道自慢の地産・美味しい処巡り!

※急募!!只今、おいでん祭実行委員会では当日のボランティアスタッフを募集しております。
詳しくはこちらにお問い合わせメールください。e-mail : omotehama@outdesign.net

主催:NPO法人表浜ネットワーク
共催:豊橋市/豊橋100祭実行委員会
    JA細谷青年部/豊橋サーフィン協会
後援:日本ウミガメ協議会/豊橋市教育委員会/豊橋市体育協会
   豊橋相撲協会 / 朝日新聞社 / 東愛知新聞社 / 東海日々新聞社
協力:南知多ビーチランド

表浜おいでん祭パンフ

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

23日忙しすぎ

台風17号、今週末には沖合に接近するために、「表浜おいでん祭」の日程が変更になりました。
問い合わせは来るし、看板作り直さなきゃいけません。
三連休の人が多い、しかも明日から海はクローズアウトと言うのに休めません。
今日は、今のところ(昼)まだ大きなうねりは届いていません。
穏やかなので日曜日も一見大丈夫なように感じますが、
最近の天気予報は確率高いから、明日から海はクローズアウトとなるでしょう。
ああ!忙しい!!

写真は東細谷の海岸。昼間は暑いね。海に入りたい!

今日の表浜フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

にっくき台風17号

あちゃ〜台風17号コースがもろです。
25日は「表浜おいでん祭」順延とせざる負えないようです。
その場合は翌週の10月02日となります。大変だこれは・・・・調整が出来るのでしょうか。
今朝の海岸は曇っているものの、穏やかですが、23日後半ぐらいからどーんと来るでしょう。
アカウミガメの孵化・脱出は昨晩のものは確認出来ませんでしたが、一昨晩の子ガメはなんと消波ブロックに阻まれ約500メートル以上も右往左往していました。
大変ですね。

写真は見にくいのですが、消波ブロックを避けて一昨晩の大脱出の子ガメの足跡です。約500メートルほど消波ブロックの壁に沿って移動していました。

今朝のアカウミガメ孵化調査フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

台風かあああ

この期に及んで台風17号とは・・・・・・・なんて冷たい世の中なんだ!
今週末、おいでん祭大丈夫か心配で、地曳き網の網元さんに相談したところ・・・。
なるようにしかならん。と明解なお答えを頂きました。
まあ、決行ですね。命を賭けて網を張ってくれるか、もしくはBQになるか。まあ潔く突っ込むしかないようです。
夕方の海は、まだ穏やかです。南東の風が少々強いのですが。
と・・・・・浜をよく見ると・・・・諦めていた所(諦めていた産卵巣から)子ガメが脱出していました。
世の中棄てたものじゃないですね。
海岸道路の砂も通れるように押しのけてあり、逆さまの放置車もよけてくれました。
いやな事が多い世の中だけど、ほんの僅かでも、良いことあるから信じて進みましょう。

写真は可能性が有る限り、人は前に進むべきを象徴するかのような不可能を可能にした子ガメの軌跡です。長いな〜。

夕方ぎりぎりのチェックフォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

週明け

やっと静けさが浜に戻りました。昨日までの移動もままならないのは勘弁ですね。
9月も半ばを過ぎてしまい月日の早さが身に染みます。
今朝も大潮、汀線がかなり上がって浜辺が狭く感じるほどです。
海は凪って時折腰ぐらいの波がスッと割れる程度。ほぼフラットと言っていいですね。
代わりにボラやキスは釣れるようで魚影が岸際にまで迫っています。
釣り人も多いですね。さて、アカウミガメの孵化・脱出ですが、なんだかもう後半と言うより終わってしまったような感じです。海岸を巡回しても孵化の気配はありません。
あまりにも孵化出来なかった産卵巣の多さに疑問は膨らむばかりです。

写真は黄金色の朝日と凪いだ海。なんだか日差しが鏡面のような海に反射して神々しい瞬間ですね。

今朝のアカウミガメ孵化・脱出調査フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

晴天つづく

日差しは強く夏の一日、でも風は乾燥していてそんな所が秋っぽいですね。
海は穏やか、というより波は無いに等しいのですが、連休で人出は凄い。海岸道路を車が縦列でずらっと並んでします。
昨晩は中秋の名月。夜アカウミガメの孵化・脱出の状況を確認に行きました。
東七根の砂浜に産卵されたものは午後7時過ぎくらいにあっという間に脱出していました。
無数の子ガメの足跡。既に遅かったようです。
そして、もう一ヶ所脱出があるだろうと思っていた所に張り込みを決めたのですが、なかなか脱出の気配が無い。昨晩と一昨晩と2〜5匹程度脱出しているのは確認しているので、今日こそはドバッと出るだろうと息を潜めて待ったのですが・・・・・出ません。
この産卵巣、実はかなり砂が堆積しているのです。約50センチぐらいさらに埋もれてしまったのです。
途中で引っかかっているのかなと思い、確認のため手堀りに。
結果は、地上まで約20センチの所で子ガメが2匹死んでいました。
もう少しだったのに。その後産卵巣の位置を確認してみましたが、肩ぐらいまで掘っても出てきません。
1メートル以上埋もれているようです。脱出できた子ガメはラッキーだったようです。
こんなケースが沢山あるようです。

写真は今朝の寺沢、人が多く早々に帰ってきました。産卵巣の状況は明日以降ですね。

今朝の混雑海岸フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

晴天

朝から晴天、ドピーカン晴れです。今朝は来週の「表浜おいでん祭」の看板設置に会場になる細谷の海岸に向かいました。
海岸は驚くほどの車の数、大杉です。まいったな、来週はここはパニック状態になりそうですね。
なんとか告知看板見ておいて欲しいのですが。

さて、ついでに西の浜に向かうと、これまた驚くほどの車の量。豊橋市で1番人出に賑わっている場所でしょうね。のんほいパーク(動物園)を抜いていると思われます。アカウミガメの産卵巣も気にしながらチェック。昨晩は満月の大潮でカニが沢山産卵したようです。
潮の動きというか、月と生命の関係って不思議ですね。生き物は水がほとんどな訳だしね。

写真は晴天の西七根の浜、サシバも空を舞っています。

今日の表浜フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ひょっとして

世間は三連休??私は「表浜おいでん祭」の準備もあり暇無しです。(涙
今朝は浜の人出はそんなに多くないです。東風が吹き続け、波が腰から胸程度のサイズで風波のしょぼい状態だからでしょうかサーファーは少なめ。代わりに釣り人は多いです。さすが三連休。
空も蒼く晴天。朝の浜風は気持ちよいです。
今日は今、工事中になってしまい確認しづらい浜を歩きました。
台風以来、このあたりは来ていなかったのでちょっと驚きです。
と言うのはかなり砂が陸側に堆積しています。瀬と陸に砂が偏った形となっているようです。
産卵巣も相当深く埋もれたようです。(またもや・・・。)
しかし、健在と言うか2ヶ所で子ガメの脱出跡を確認。今晩にでも脱出しそうな気配ですね。
埋もれた産卵巣でも無事だと1〜2週間ぐらい遅れるのですね。

写真は寺沢の浜。驚きです!昨日まで少しずつ後退は確認していたのですが、今朝は砂浜が無くなりました。

今朝のアカウミガメ孵化調査フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

秋か・・・。

気が着けば、来週は秋分なんですね。朝もむっとするほどの暑さも和らぎ、今朝は気持ちよい涼しさ。
海岸のコウボウムギやコウボウシバ、ケカモノハシなどと言った海浜の草も、既に茶色く秋の装い。
丘陵も緑が薄く感じるようになりました。
海は東風の影響で、多少のうねり?が出ていますが穏やかなほうですね。
肝心のアカウミガメの産卵巣からの孵化・脱出ですが、シーンと静まりかえってしまいました。
脱出したような形跡が見られなくなってしまったのです。
この様子だと、今年はかなりの率で産卵巣も死滅してしまった事になるようです。

写真は小島の海岸、東風でも砂が堆積し、またもや産卵巣は埋もれてしまいました。どこまで埋まっていくのでしょう。

今朝のアカウミガメ孵化状況調査フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

なにかと

大忙しです。
来週末に催される「表浜おいでん祭」の準備も進んでなく、お祭りの色々な申請書やらで大変です。

浜へは午後、気になるところだけ見に行きましたが。
東風で砂が堆積しつつあり、孵化・脱出は確認出来ませんでした。
サーファーも波が小さくショボショボの波なので少ないですね。
この様子だと既に、予定時期は2週間以上過ぎているので望みはうすいのでしょうか。

写真は黒い雲が流れる表浜、南東の海風がひんやりとしています。

忙しい最中の午後の表浜フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

蒸します今朝は

少し歩くだけで額に汗が滲みます。今朝は結構湿度が高いですね。
空は青空で雲が流れて、日差しは眩しいですね。
あまりサーファーも釣り人も少なく、のんびりとした夏の朝。海は台風以降からかなり地形が変わって、
見事な瀬が出来ています。くるぶしぐらいの深さなので潮が引くと洲になるのでしょう。
浜の砂もそのあたりに溜まっているようです。
昨晩、一斉にアカウミガメの産卵巣から子ガメが脱出したようです。昨日2匹程度が地上に登ってきていたので、その夜ぐらいかなと思っていましたが、見事に脱出。
昨晩は月も早めに落ちたようで、かなり子ガメが右往左往していました。
しかし、残りは無く、無事大海原に旅立ったようです。

昨日は今年の消波ブロックによるアカウミガメの上陸障害にたいする懇談会が市役所でありました。
自治体・行政側からは、農地整備課(海岸管理)、環境保全課、農政課、愛知県河川部の出席。
渥美半島の護岸を進める浸食期成同盟の役員の皆さんと、町総代さん。
そして、表浜ネットの数名とウミガメクラブ代表。
それぞれの立場の違いはあれど、表浜海岸を存続させたい想いは同じです。アカウミガメの産卵を見守って、色々調査しながら対策を考える方向に向かって行くようです。

表浜ネットでは、表浜海岸をラムサール条約登録地として、地域と持続性のある方向に進めようと思案中です。またもや無謀な想いが頭の中を支配してきました。如何な事になるでしょうか?

写真は非常に分かりにくいのですが、子ガメが一斉に脱出した足跡です。元気に海に向かっています。(ちょっと迷走したけどね)これでこの辺りは最終でしょうか。見守って下さった細谷の皆さん、ご苦労様でした。


今朝のアカウミガメ孵化調査フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

なかなか孵化は

難しいですね。条件が悪すぎるのでしょうか。
無精卵の産卵巣も確かに多いようですが、そのまま腐ってしまった産卵巣が多いようです。
台風後、一気に残り少なくなってしまった気がします。
今朝は晴れて蒸し暑くなりそうですね。
海は穏やかで腰から胸程度のサイズの波が静かに割れている程度です。
サーファーも週中でまばら、釣り人もそれほど多くないですね。

写真は細谷の浜、潮位の変動で砂の漂着跡が残っています。少しずつですが、バームも盛り上がって来ています。

今朝のアカウミガメ孵化調査フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

夕方

今朝は回ることが出来ず、夕方に気になる産卵巣だけ見に行きました。
結果はゼロ。おかしいですね。時期がどんどんずれ込んでいきます。
夕方は湿気が高く、砂浜も湿気でしっとりと湿っています。
足跡はくっきりと残っていますが、あるのは人と野犬とカラスのみ。
夕日の空に半月がくっきり。9月も半ばに近づいています。

写真は、湿気が海からどんどん流れ込む、小島の海岸。じっとり。

夕方の表浜海岸フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今日は衆院選挙

ですね。今回は難しいですね。信じて良いのか駄目なのか。
表浜は相変わらず人出も多く賑わっています。海の中で投票どうすると聞くと、既に期日前投票した者もいて今回は結構関心は高いですね。
さて、海は台風15号のうねりがほどほどで、久しぶりに楽しみました。
アカウミガメの孵化を見回りに東へゆっくりと移動。海岸道路は車がずらりっと繋がっています。
孵化・脱出はどうやら無いようです。
既に脱出して、雨で足跡が消えてしまっていたら分かりません。
なかなか難しいですね。

写真は小松原、実はこの近くに産卵巣があるのですが、まったく気配無し。駄目かな。

お昼頃の孵化見回りフォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

埋まってから

もう週末です。台風通過から3日ほど経ちましたが、埋もれてしまったアカウミガメの産卵巣。
いずれも孵化・脱出の気配は無いです。どうなってしまったのでしょう。
今朝は穏やかな海と朝焼けの朝日。陽が昇る時間もずいぶん遅くなりました。
まあ、日の出が楽しめただけでも良しですね。今週は賑やかな週末となるのでしょうか。
朝からサーファーと釣り人が多く、ちょっとした海岸道路は混雑です。
アカウミガメの孵化状況は明日も難しいかな。
もうすぐ脱出の時期の物がまったく気配が無い事でヤキモキしてしまいますね。
だから、写真も日の出に走りました。

写真は、今朝の日の出。陽が昇る位置で、すこしづつですが着実に季節が変わっていることがわかりますね。

今朝のアカウミガメ孵化調査フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ちょっと落ち着き

今朝の表浜、ちょっと落ち着きを取り戻し海岸はいつもの姿に戻ってきました。
海もうねりは胸ぐらいのサイズでそこそこにブレイクしています。
サーファーや釣り人も戻って朝早くから各々の良さそうな場所を探して右往左往。
私はいつもの様に巡回です。
ただ今朝はちょっと違った事も起きました。高塚〜西七根まで工事が始まるようです。
なんでしょう。崩落した箇所の修復でしょうか。産卵巣が孵化時期に来ているので、工事業者の動向もちょっと注視が必要です。

昨晩は台風の影響を調べるために、直前に脱出する気配のあった産卵巣を確認しました。
驚いた事に、120個ぐらいの卵のうち、16個を残し脱出していました。
雨はもちろん、波もガンガン被っていた場所です。
これには生命の力強さを感じました。
しかし、これでまったく生き残る産卵巣と駄目になった産卵巣の区別が分からなくなってしまいましたね。直ぐ隣の同じ条件で近い日付の物は全く駄目なんです。
 また、昨晩2匹の子ガメが脱出し海に旅立った所を確認したのですが、今朝見るとその隣の産卵巣から30匹ぐらいが一斉に脱出していました。
こんなもんですね。自然ってのは予想を簡単に覆します。

写真は昨晩に沢山の子ガメが旅立った細谷の海岸。今頃、黒潮の辺りでしょうか。

今朝のアカウミガメ孵化調査フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

台風一過

真っ青な空。やっと晴れ間が戻りました。
早速、海岸とアカウミガメの産卵巣の状態を確認しに巡回へ。
浜はかなり変貌しています。うねりは頭ぐらいのサイズに収まり、北西の風で収束に向かっています。
海水はまだ汚濁しており、浜辺には様々な漂着物が溜まっています。
砂浜はかなり砂が押し上げられ、まったく地形が変わってしまいました。
で、重要な産卵巣の状態ですが・・・・埋もれています。
約1メートルから50センチほど砂が陸側に堆積しています。折角に孵化して脱出間際のものも、埋もれています。今晩から少しづつ抜け出てくるのでしょうが、子ガメも大変ですね。

写真は砂が陸側にかなり堆積した西七根の浜。鷹が蒼い空を悠々と飛んでいます。気持ちよさそう。

今朝のアカウミガメ孵化調査フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

9月25日は「表浜おいでん祭」

再度、お知らせです!
9月25日の日曜日に表浜は細谷海岸にて「表浜おいでん祭」を催します。
表浜海岸に来て見てさわって、自然とこの地域の文化・地産品を味わって下さい!!

豊橋市制施行100周年記念事業
「表浜おいでん祭」

日時:2005年9月25日(日)
時間:午前9時〜午後3時30分
場所:愛知県豊橋市細谷町(細谷海岸)

イベント内容です!
1.砂浜アカウミガメ教室・・・南知多ビーチランドからアカウミガメ3頭が細谷の浜辺にやってきます。
2.地曳き網・・・子どもも大人も楽しくみんなで地引き網体験!
3.砂浜相撲大会・ビーチフラッグス大会・・・初代表浜横綱は誰?砂浜を自由自在に走り回れる人は?
4. JA農業体験・バザー・・・地産の美味しい野菜を!
5.大人も子どももサーフィン教室・・・豊橋サーフィン協会がレッスン!さあチャレンジ!
6.表浜街道巡り・・・表浜街道自慢の地産・美味しい処巡り!

※急募!!只今、おいでん祭実行委員会では当日のボランティアスタッフを募集しております。
詳しくはこちらにお問い合わせメールください。e-mail : omotehama@outdesign.net

主催:NPO法人表浜ネットワーク
共催:豊橋市/豊橋100祭実行委員会
    JA細谷青年部/豊橋サーフィン協会
後援:日本ウミガメ協議会/豊橋市教育委員会/豊橋市体育協会
   豊橋相撲協会 / 朝日新聞社 / 東愛知新聞社 / 東海日々新聞社
協力:南知多ビーチランド

表浜おいでん祭パンフ

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

波の花

台風14号は日本海を北上していくようです。
太平洋岸はオンショア(南東風)で浜に立つとベトベト。
なぜかって、強い南東風で潮が飛んできて、服も手も顔もカメラも潮っぽくなります。
これはたまらない。海も未だに荒れて、波はそれほど大きくは無いのですが、強い風で波も潰れて未だ荒れています。
潮位も高く、砂浜のほとんどは水没。
今までの波で、またもや砂が押し上げられています。消波ブロックを越えた位置にかなり堆積しています。おかげで孵化時期の産卵巣がまたもや埋もれてしまいました。
海も浜も落ち着くのは明日ぐらいからのようです。明日はじっくりと産卵巣の場所を確認に回る必要があるようです。

写真は南東の風で潮が飛散する海岸、ベトベト波の花が舞う小松原の海岸。こりゃカメラ錆びるな。

今朝の海岸の状態フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

台風14号が九州に迫って

今朝はのろのろ台風14号が九州に迫って来ています。
高潮と台風の影響がどれぐらい来ているのか心配ですね。
浜に行くと、潮位は最高の時は過ぎているようですが、依然として高く、砂浜はほとんど水没しています。流木やアマモや漂着ゴミが海岸道路を越えて来た跡が残っています。海は荒れて遙か沖合で波頭が崩れて、勢いよく白波が押し寄せてきています。
植生のある所も波が上ってきて、巡回も厳しいかな。この状態ではアカウミガメの産卵巣の状態はかなりやばいですね。孵化・脱出時期の産卵巣がいったいどうなっているのか検討もつきません。
早く収まって欲しいですね。またもやカメラのバッテリーが上がってしまいました。バッテリーも寿命かな。カメラ類の消耗は激しいです。こちらも厳しい!

写真は波が駆け上ってくる細谷海岸の様子。

今日の浜の様子フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

表浜ネットワークのTシャツ

やっとの事ですが、念願の表浜ネットワークTシャツが出来上がりました。
マリンブルーの生地のシャツに白地で表浜ロゴ(漢字版)が背中に大きく入っています。
表浜の文字と表浜のシンボルでもある神島から越戸大山、海食崖(方部)と海をイメージしたライン。
如何でしょう?
会員の皆様には特別価格で販売する予定です。
詳細は後ほど。

日本ウミガメ協議会では、アカウミガメの孵化・脱出の様子がネットで確認出来ます。
明石市ではかなり話題となっております。今年は2ヶ所で産卵があったようです。
市当局も全面協力だそうです。う〜んどこかの自治体も如何でしょう?

日本ウミガメ協議会

表浜ネット新ロゴ

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今回は

長引きますね。海が荒れ出して3日目となります。
大潮も重なり、潮位も気になるところ。火曜日あたりが台風14号の影響はピークなようです。
豊橋域の表浜中央部の海岸には、未孵化の産卵巣が相当あります。
今回の台風がどれぐらい影響を与えるのか見ておく必要がありますね。
朝、見たところでは産卵巣から脱出した形跡は未だありません。
干潮に近い時間なので、かなり潮は引いているものの、時折、波が砂浜を駆け上ってきます。
産卵巣がどれぐらい冠水に耐えるのか、今、日本ウミガメ協議会の松澤さんが調査しているようです。
完全に乾燥した環境と比べ湿度がある環境の方が適切だそうです。また、時折波が被る程度まで意外と耐えうるようですが、表浜の現状をみると厳しいかな〜と思えて仕方がないのですが。
とりあえず、この荒れた数日間は産卵巣にどのような影響を与えるのでしょう。

写真は波が産卵巣のある辺りまで迫ってきています。西七根の浜。

今日の表浜海岸フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

さぼりもたいがいにせい!

ってことで、台風14号の影響も心配ですし、
久々にきめ細かく巡回に出向きました。孵化と脱出状況も確認しなきゃいけないですね。
海はうねりが既に高く、潮も飛散してうすっら霧がかかったようになっています。
浜辺は波が高いところまで押し寄せています。明日からが心配ですね。
少し進んで西七根の孵化状況を確認。既に無事脱出している産卵巣とまだ少し時間がかかる産卵巣がこの辺りにはあります。波はかなり上がってきているのですが、気になりますね。
そこでなんと、まだアカウミガメの上陸跡があったんです。たぶん昨日のものでしょうが、足跡の幅を見るとかなり小型のようです。
しっかりと産卵していました。しかしこれだけ遅れると孵化は無理だと思うのですが、見守って見ていきたいですね。
巡回を進め、他の産卵巣も孵化が迫っているのか確認してまわります。
ほとんど気配が無い所が多い中、意外な所で孵化が始まっていました。アカウミガメの産卵の撮影をした場所のものです。傾斜提とブロックに挟まれた場所ですが、なんとか台風を無事切り抜けて欲しいですね。

写真はたぶん孵化出来ずに駄目だろうと思っていた産卵巣から出てきた先発隊の子ガメ。小さな身体で大海原に向かって行きます。
今朝のアカウミガメ孵化調査フォトアルバム

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi
| top |
表浜ネットワーク
表浜写真集