<< Jan 2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

小雨のスタート

今日から表浜全域車両規制が始まります。
色々と変化しはじめたと受け取って良いのでしょう。
これが保全の完了ではありません。このサイトではいつも伝えているのですが、
稚ガメはふ化・脱出時は活性化の時間( フレンジー)という状態に入ります。
轍どころか、500メートルの連なる消波ブロックさえ越えて海に向かいます。当然時間のロスは稚ガメにとって致命的なタイムロスです。
比べ轍は時折、海までのコース取りで平行に移動してしまったり程度です。
車両規制の効果として期待出来るのは、産卵巣を踏みつけたり、砂浜に進入するとき、植生を破壊する事が無くなる。またマナー向上と、海岸利用者の保全意識が上がることです。
まあ一歩ですが、うれしい事です。
冷たい雨の朝でしたが、ちょっと今後の表浜の保全に向けて良いニュースですね。続きを読む "小雨のスタート"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

疲れた〜今朝はどんより曇り

お陰様で日曜日はなんとか無事に「表浜シンポジウム」は終了致しました。
ご協力頂きましたみなさまには厚くお礼申し上げます。
しかし、疲れました。
シンポジウムは漠然としたテーマで少し心配したのですが、
講師のみなさんの巧みな話術で、海岸環境資産としての表浜の位置や、
重要性が伝わった事と思います。
甘い言葉だけではなく、色々と貴重なご意見も頂き、今後の方向性への検討材料として考えていかなければいけません。
みんなで作り上げる枠組みとして、ラムサール条約があると言うことですね。
さて、翌日の今日はどんより曇り、疲れが空にも出てきているようです。
風も弱く、粗朶・堆砂垣も一休みですね。続きを読む "疲れた〜今朝はどんより曇り"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

快晴

今朝は快晴、と言ってもこちらでは冬の季節はほとんど晴れで珍しくはありませんけどね。
しかし、表浜海岸約50キロの海岸線、端から端まで見渡せる日と言うのはなかなか難しいのです。
長い海岸線なので、逆にどうしても西の端の越戸大山や神島あたりは霞んでしまいます。
東の端の中田島辺りも霞んでしまいます。弓状の白い砂浜と覆う海食崖。シルエットとなる渥美の越戸大山と神島。これは美しいです。
そのような範囲を見渡せる日っていうのは爆風の吹く、乾燥しきった冬の快晴の日がベストです。
今朝は、快晴といえども、残念ながらその日ではありません。
東端から西端がくっきりと写る日は僕にとってThe Dayですね。
今のところ、満足の行く日はありません。
それほど表浜海岸が雄大って言うことでしょう。
明日は「表浜シンポジウム・ラムサールを見据えて」です。
表浜に関心のあるみなさま、是非ご参加ください。続きを読む "快晴"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

花金?

あっという間に週末、花金だそうです。どこが花だか忙しさに埋没する日々を送っている身には縁遠い言葉となってしまったようです。
今朝も寒く、底冷えする浜辺、海は穏やかで真っ平らに凪いでいます。海鵜が時折、海中から顔を出すぐらいのどかな海。
浜辺は昨日までの北西風で飛砂が堆積しています。週末はなんとか寒さも緩むようで少しはありがたいですね。
いよいよ29日の日曜日は「表浜シンポジウム」です。
ちょと大胆なのですが、表浜海岸を地域資産として再認識し、自然環境と地域社会の共存をテーマにしています。ずばり!表浜海岸のラムサール条約への登録の可能性など率直な討論を行いたいと思っています。続きを読む "花金?"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

表浜シンポジウムのお知らせ

「第3回 表浜シンポジウム」
〜表浜まるごと博物館構想・ラムサール条約登録を見据えて〜

2005年は愛知県にとっては「愛・地球博」が開催され、新しい環境年の1ページとなった年でもあります。
また、ノーベル平和賞受賞者でケニア環境副大臣のワンガリ・マータイさんが来日された時、
日本の言葉「もったいない」に感銘された事も記憶に新しいと事と思います。
「愛・地球博」で注目を集めた愛知県の中でもことこの地、東三河は水域環境は素晴らしい環境に恵まれています。
豊川から始まり、三河湾の海生物のゆりかごとも言われる干潟、六条潟や汐川干潟、そして、アカウミガメが産卵に訪れる有数の砂浜を誇る表浜海岸。
今、様々な要因にて、その有数な水域環境は変化の波にさらされています。
海水の富栄養化、一貫性がとれない縦割り護岸工事などによる砂浜の侵食、取り巻く地域の社会変化。果たして水域環境を有効に、私たちは活かせられてきたのでしょうか。
まさに「もったいない」事に気づかされるこの水域環境を、私たちは再認識をし、人の社会と豊かな自然環境が共存する道を模索し形成する事が、環境年の新たな1ページとなるのでは無いのでしょうか。
様々な意見を交えてシンポジウムを開催したいと思います。
どうぞ、お気軽にご参加ください。

日時:2006年1月29日(日)午後1:00〜
場所:桜丘高校 新館3Fメディアコミュニティセンター
豊橋市南牛川二丁目1番地の11
グーグルマップ
桜丘高校
第3回 表浜シンポジウムフライヤーダウンロード(PDF 620kb)
続きを読む "表浜シンポジウムのお知らせ"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

遅くなった日没時間

早い物です。日照時間が伸びてきています。
午後5時30分ぐらいまで日差しが残るようになってきました。
今日は風も残り、浜にはサーファー・釣り人の姿はありません。
静かな日没でした。続きを読む "遅くなった日没時間"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

日の出も日没も

なんだか早いものですね。なにがって日没時間はスルスルと延びてきました。
5時30分ぐらいまで明るくなってきました。
で、朝はどうなのかと言うと、これがなかなか、まだ明るくなるのは6時40分ぐらいからで日の出は50分ぐらいです。でも日の出の位置はどんどん陸に近づいています。
春は着実に迫ってきていますね。
海は今日も穏やか、釣り人はたった一人、砂浜でがんばってみえます。渚はまだ風は冷たくかなりこんきい寒さ。
しかし、上空を見れば快晴、日が昇れば今日は穏やかな天気となりそうです。
日の出から陽が昇り、丘陵の山々を暖かい日差しが覆ってきました。続きを読む "日の出も日没も"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

堆砂垣を

今朝も寒い朝です。空は少し明らみはじめるとうっすらと筋雲がかかっているのがわかりました。
日の出は期待できませんね。上空にはまだ半月が浮かんでいます。
昨日の風で砂浜の足跡は消えてまっさらな浜辺。でもやはり砂は凍てつき硬い地面のような踏み応えです。東の空が赤らみ朝焼けとまではいかないものの日の出が始まりました。5〜6月頃は湿気を帯びて朝焼けは鮮やかですが、冬は乾燥しているのでそれほど反射しません。逆に夕焼けは冬がベストです。
やっと北西風も持続して吹くようになったので、粗朶・堆砂垣はかなり効果を出し始めました。
今の時期、海岸全体を見ると、粗朶・堆砂垣を効果的に設置する場所がわかってきますね。
続きを読む "堆砂垣を"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

表浜のポテンシャル

朝は風が無く穏やかな1日と思っていたら、日中から北西風が強くなりましたね。
浜辺にたってみると、海岸を飛砂が駆け抜けていきます。
ちょっとした障害物があると、着実に砂が堆砂します。
夏、砂浜が危機的な状況だった浜の消波ブロックが見事に埋もれていました。
やはり、風となんとかは使いよう??でしょうか。冬の間に養浜を行うことは非常に有意義ですね。
表浜はポテンシャルと可能性がある海岸ですね。続きを読む "表浜のポテンシャル"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

飛砂は止み

今朝は-1度。この辺りでは低温です。
風はほとんど無いのですが、じっとしているとジーンと指先が痛くなるほど寒さが凍みます。
水平線には多少の雲。海は穏やかで膝程度の波が弱く割れている程度。
昨日までの北西風は止んでしまいましたね。飛砂の跡(風紋)が浜辺には残っています。
粗朶・堆砂垣の辺りも風上にはかなり堆砂しました。
もう1日ぐらい風が続くと良いのですがね。
今朝は山に二羽の鷹を見かけました。番でしょうか。日の出は少しずつですが、陸に近寄ってきています。
春が待ち遠しいですね。続きを読む "飛砂は止み"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今日は北西風が強く

今日は久しく本格的な冷たい北西風が吹きつづける1日となりました。
午後も吹き続ける風で飛砂も浜辺を西から東へと走り抜けます。
粗朶・堆砂垣も絶好調です。砂の吹きだまりは約20センチは堆積しています。
凄いですね。順調です。堆砂垣もゲージの目盛りが5センチ程度埋もれています。
海はうねりはほとんど消えて穏やか。沖合では白波はが東に流れていますが。
汀線を歩いていると、1羽のミユビシギの幼鳥が一生懸命に食事していました。
風で砂まみれになりながら、あまりにも集中しているからか、すぐ近くまで寄ってきました。
食事の様子を見ていると面白いですね。
写真は砂まみれになりながら、一生懸命に食事しているミユビシギ。続きを読む "今日は北西風が強く"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

北西風

今朝は晴天。すっきりと晴れ渡りました。
北西風もやや強く、凍てついた砂浜に立つと冷たい風が身に凍みます・
海はうねりは昨日ぐらい、風でこれからうねりは消えていくかもね。
既に沖にネズミが走り始めています。
いつも北西風と言っているのですが、実は海岸では西北西と言った方が正しいですね。
丘陵や崖で風が回り込むから、海岸を離れると北西でも浜ではかなり西になるのです。
しかし、今年はちょっと風向きがちょっと例年とは違うのでは。
風が冷たく、弱いのです。たぶん北寄りの風なのでしょう。
浜で飛砂を起こす風は西風ですから、堆砂垣には今年はやや物足りないですね。続きを読む "北西風"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

第3回 表浜シンポジウムのお知らせ

「第3回 表浜シンポジウム」
〜表浜まるごと博物館構想・ラムサール条約登録を見据えて〜


2005年は愛知県にとっては「愛・地球博」が開催され、新しい環境年の1ページとなった年でもあります。
また、ノーベル平和賞受賞者でケニア環境副大臣のワンガリ・マータイさんが来日された時、
日本の言葉「もったいない」に感銘された事も記憶に新しいと事と思います。
「愛・地球博」で注目を集めた愛知県の中でもことこの地、東三河は水域環境は素晴らしい環境に恵まれています。
豊川から始まり、三河湾の海生物のゆりかごとも言われる干潟、六条潟や汐川干潟、そして、アカウミガメが産卵に訪れる有数の砂浜を誇る表浜海岸。
今、様々な要因にて、その有数な水域環境は変化の波にさらされています。
海水の富栄養化、一貫性がとれない縦割り護岸工事などによる砂浜の侵食、取り巻く地域の社会変化。果たして水域環境を有効に、私たちは活かせられてきたのでしょうか。
まさに「もったいない」事に気づかされるこの水域環境を、私たちは再認識をし、人の社会と豊かな自然環境が共存する道を模索し形成する事が、環境年の新たな1ページとなるのでは無いのでしょうか。
様々な意見を交えてシンポジウムを開催したいと思います。
どうぞ、お気軽にご参加ください。

日時:2006年1月29日(日)午後1:00〜
場所:桜丘高校 新館3Fメディアコミュニティセンター
豊橋市南牛川二丁目1番地の11
グーグルマップ
桜丘高校
第3回 表浜シンポジウムフライヤーダウンロード(PDF 620kb)

続きを読む "第3回 表浜シンポジウムのお知らせ"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

冷たい雨

今朝は冷たい雨、雪でなくて良かった。
雨も本降りと言うほどでは無く霧雨程度。これなら野菜の産地としても被害は出ないでしょうね。
雪だったら折角、そだったキャベツが駄目になるところです。
海はうねりが胸程度の高さで、綺麗に入っています。
中潮で潮位が高い時間だったので、うねりも岸際で割れている所が多いようです。
風は弱い北西風、浜は湿気っているので飛砂はありませんが、昨日に多少は堆砂しているようです。
(約1〜2センチ程度)
雨の後、海岸の丘陵から水蒸気が雲のように沸き上がっています。これを見ると海岸は生きて居るんだな〜と痛感します。
明日には雨も上がって、西風が期待できそうですね。続きを読む "冷たい雨"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今日から表浜海岸は車両乗り切れ禁止

今日から表浜海岸の自然公園法域の砂浜は車両乗り切れ禁止となりました。
今月末には表浜全域の砂浜に乗り入れが対象となります。
罰則は6ヶ月以下の懲役、30〜50万円の罰金とかなり厳しい内容です。
釣りの皆さんも気をつけましょう。
今朝は冷たく暗い朝に戻ってしまいました。風が冷たい・・・・。続きを読む "今日から表浜海岸は車両乗り切れ禁止"

permalink | comments (0) | trackbacks (1) | posted by surfyuzi

風は吹けども

今朝は冷たい朝でした。底冷えがしてきます。浜辺に立っていると体の芯まで冷えてきます。
風は北西で吹いているのですが、砂浜は凍てつき飛砂どころではありませんね。
日の出も雲が阻み、今朝は風があるから期待したのですが、水平線の雲が邪魔ですっきりと昇りませんでした。
今日1日は寒いようです。今年みたいな風も比較的に弱く、低温な年は飛砂も少ないですね。続きを読む "風は吹けども"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

再び冬型

いったん暖かくなったのですが、再び冬型に。
それほど気温は低くはないのですが、北西の風は冷たく感じます。
砂浜も粗朶・堆砂垣の周りも、新たな漂砂が堆積し風紋が新しくなっています。
しかし、堆砂垣のゲージで見ても実は微妙な変化。
まだまだ風は例年より弱いと感じます。
夕方は薄雲が拡がり、穏やかな海に戻っています。続きを読む "再び冬型"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

雨上がり

昨晩の雨は上がって、まだ暗い空に月が綺麗に浮かんでいます。
東の空が赤らみ始めると、北西風が浜辺を吹き抜け始めました。
これから西高東低、今日は晴天。弱いながらも冬型の気圧配置になるようです。
海のうねりは風と共に消え始めました。
砂浜の砂はまだ湿気っているので飛砂は無いのですが、
昼には粗朶・堆砂垣も効果が期待できそうです。続きを読む "雨上がり"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今年は風日が少ないような

今回の低気圧は太平洋側を通過したので、さぞや北西風の吹き返しがあるかと期待(変な事に期待するようになってしまった)したのですが、以外や昨日の午後には風も弱まってしまいました。
今日に至っては無風。海はうねりが綺麗なラインで入っています。
よって風は期待はずれで粗朶・堆砂垣も効果を発揮できず。砂も湿気って飛びません。
変わりにサーファーは大喜びのうねりとなったようです。
今日の夕方も、空は鱗雲が拡がり無風。
静かな浜に波が綺麗に割れていました。続きを読む "今年は風日が少ないような"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

雨も上がり快晴

雨も上がり快晴。北西の風は昨晩から時折、家を揺るがすほど強い風が入っています。
海はうねりが頭オーバーぐらいで冷たい海で頑張って波乗りをしているサーファーも居ます。
気温は暖かいのですが、海水は冷たそうです。
今日から当分は北西風で粗朶・堆砂垣も順調に堆砂できそうです。続きを読む "雨も上がり快晴"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

大雨ザーザーです。

朝はそれほど雨は降っていなかったのですが、お昼は雨が強く降り出しました。
表浜はこれだけ降雨が強いと気をつけなければいけない事があります。
土砂崩れです。
既に海は荒れてジャンクな状態。風は東風で河川からは土砂が流れています。
やけに汚濁した河川も目に付きます。
今日1日は雨が降り続けるようです。続きを読む "大雨ザーザーです。"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

どんより雲が広がって

夕方は既にどんよりと雲が広がって今にも雨が降ってきそうな天気。
風は東風で、海も東から西に流れが変わっています。
今晩から雨のようですね。
風波が腰程度で入って来ていますが、夕方は潮位が高くあまり割れていません。
しかし、冷たい海で数名のサーファーが頑張っています。
夕方は浜辺にセキレイがうろうろしているだけでした。続きを読む "どんより雲が広がって"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

明日から下り坂と言うけれど

夕方はすっきりと晴れ渡った天気。
水平線は雲が薄くかかっているけど、明日から下り坂とは思えない様子。
でも、低気圧は太平洋岸を沿って抜けていきそうですね。
今年は低温なものの風が、例年より遙かに弱い気がします。
そういえば今年は富士山も積雪が少なく地肌が露出しているようです。
新潟に雪雲が流れている事を考えると、今までの気流の流れが北上したような錯覚に陥ります。
まだ冬は半ばなので、判断するのには時期尚早ですが、色々な事がずれてきているように感じますね。続きを読む "明日から下り坂と言うけれど"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今朝も引き続き晴天。水平線には薄雲がかかっている程度で日の出は望めそう。
暗いうちから沖合には数隻の漁船が出漁しています。今までのような痛いほどの寒さは無い物の浜辺に立っているとさすがに冷えてきます。
上空にいくつかの飛行機雲が、光り輝き始め、東の空が赤らみ始めます。
日の出は7時近くに始まりました。陽が昇る位置はかなり北に位置がずれて来ましたね。春は着実に近づいているようです。
ゆっくりと日の出が始まり、海から切り離れると一気に日差しが伸びてきます。
海辺の山々がオレンジ色に染まり、暖かな光が照葉樹に拡がります。
続きを読む "凪"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

穏やかな1日でした。

夕方の浜も静かです。今は釣りはオフでサーフィンは波が無いからとっても静か。
浜辺も心地よいさざ波の音だけ。カモメは沖合で飛び回っています。
寺沢の浜崖も一度深く剔れましたが、今は少しずつ収まりつつあります。
安定した天気と西風が影響しているからでしょうか。
夕日は雲の中に沈みました。明日も晴天は続くと良いですね。続きを読む "穏やかな1日でした。"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

風も無く

今朝は風も無く凪いだ海です。
浜辺には霜が降りていますが、それほど寒さは今までのように感じません。
若潮の今日はあまり潮も引かず、波打ち際で波もパシャっと崩れているだけです。
今日はカモメや海鵜の姿は少なく、渚にはミユビシギの群れがたくさん走り回っています。
最近は水質が良くなったのでしょうか、ナガラミもかなり大きく育っているようです。
今日は暖かい1日になりそうですね。
写真はさざ波によって渚に出来た波紋。少しずつ砂浜が再生される証拠ですね。続きを読む "風も無く"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ラムサール条約の理念とは

なぜこの表浜海岸にラムサール条約登録を目指すのか

長年この表浜に接していると、いつもあって当然のような感覚で浜に接し過ごしてきました。
しかし、その反面あまりにも慣れてしまうと見過ごすものです。
普通に海があり、砂浜があり、そして海食崖は緑豊かで、朝は東の海から陽が昇り夕は西の海に沈む。
少し高いところに登ると、海岸は弓状に延びて東と西の端は霞んで見える。
海に囲まれた日本では普通の海岸の景色と思われていた表浜の景色、実はこんな海岸は今や珍しくなってきてしまったのです。
様々な理由で砂浜の砂の供給が減少し、それに追い打ちをかけるように地球規模での温暖化。
30年前は野球が出来るほど広かった砂浜はいまや、猫の額ほど・・・いや実は満潮時には消失してしまう海岸も出てきました。
続きを読む "ラムサール条約の理念とは"

permalink | comments (0) | trackbacks (1) | posted by surfyuzi

寒さは峠を過ぎたようですが

日本海側はとんでもない状況です。
やっと気温が緩みだしたら、今度は表層雪崩の危険性が出てくる。
温暖化はどんどん進行しているようです。
この揺らぎが大きくなってくると、本格的な気候のシフトが起こるとも言われています。
こちら太平洋側は穏やかな天気が続き、雪国には申し訳ないです。
夕方はほとんど風も無く、海はうねりも小さく、静かな浜辺です。
聞こえてくるのはさざ波の音だけ。今日はカモメも魚が居ないからか飛び回っていません。
静かに夕日が西の海に沈んでいく穏やかな夕方でした。続きを読む "寒さは峠を過ぎたようですが"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

第3回 表浜シンポジウム

日頃、このサイトをご愛読頂きましてありがとうございます。
表浜ネットワークの恒例シンポジウムのお知らせです。
是非、お気軽にご参加ください。

第3回表浜シンポジウム:

「表浜まるごと博物館構想・ラムサール条約登録を見据えて」 
サブテーマ:東三河の水域環境はもったいない!
続きを読む "第3回 表浜シンポジウム"

第3回 表浜シンポジウムフライヤーダウンロード(PDF 620kb)

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

寒さも一休み

今朝はいつものような寒さでは無いです。
風も弱く、日差しが出るとポカポカしてきます。
空は晴れ渡っているのですが、薄い雲が広がっています。
今日は久々の暖かい日(寒すぎだったから)になるようですね。
海はいつものように真っ平らに近いのですが、サーファーは波が割れているところを探して海岸を右往左往しています。
粗朶・堆砂垣は風が無いので一休み、変わりはありません。
砂浜は少しずつ変化しています、潮位と潮流で浜崖が消えつつあります。
写真は潮位・潮流のさざ波で変化しつつある浜辺。波の跡が砂で残っています。続きを読む "寒さも一休み"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ミユビシギ

シギの仲間で渚をすばしこっく走り回っています。
ただもの凄い警戒心が高くてなかなか近づけません。
早朝や日没時には食事に専念して、少しは警戒心も和らぐようです。
ただし日中はなかなか近づけませんね。直ぐに飛んでいってしまいます。
今日は上空にミサゴでしょうか。スリムな鷹も飛んでいました。
だからよけい警戒しているのかも。
写真は渚を飛び交うミユビシギの群れです。続きを読む "ミユビシギ"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ゲージ設置

今、冬場の北西風を利用した養浜調査として、粗朶・堆砂垣が11月から設置してある訳ですが、
その漂砂の堆積結果をどのように確認しようかと悩んでいます。
流動的な砂は目視しか無いのが現状なのですが。
そこで今日はゲージを設置しました。
これで、定点から撮影し、ゲージにて確認出来ると良いのですが、実際は難しいですね。
まあ、やらないよりは良しとして先ほど作業しました。
今日は浜は少しは西風があるのですが穏やかな天気と海。日差しはポカポカするほど。
日本海側には申し訳ない天気ですね。
ナガラミ漁にちょうど良い天気ですね。続きを読む "ゲージ設置"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

午後は晴天

となりました。しかし風はモーレツに冷たい。
最近はチドリやシギも風が冷たいから嫌なのか、渚では見かけなくなりました。
元気なのがカモメで、まるで鷹に錯覚したかのように高く旋回しながら飛んでいます。
逆に海鵜は元気がないフラフラした飛び方。
北西風は強くなり、浜を漂砂が流れていきます。
海も西に流れだして沖はネズミが走っています。
明日も同じような天気でしょうね。
続きを読む "午後は晴天"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

時折晴れ間が

流れる雲。その間に青空が時折拡がります。
雲から漏れた日差しがありがたいですね。
風は北西風で冷たく、続く冬に嫌気もします。
ただその分、人が居ない浜ってのは静かに観察出来て幸せです。
微妙ですね。(笑
しかし、日本海側の大雪はそんな事を言ってられない状況ですね。
極端・集中は今後の気象のポイントでしょう。
この変化は受け入れなければ、いまさらどうしようもありません。
この表浜も一見、代わり映えの無い様に見えるのですが、気をつけて見れば、至る所に変化のサイン(予兆)はあるものです。
今年の冬は海岸線の蛇行が強いのも、そんな一端でしょう。続きを読む "時折晴れ間が"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

重い雲

夕方は重い雲(雪雲)がどんよりと西の空に拡がっています。
海は凪いで膝程度のうねりがすーっと綺麗に割れていますがなかなかサーフィンにはちょっと大変な感じ。
海水も風も冷たいからね。
今晩から寒波が南下するようで、ひょっとするとまたもや白い浜に変わるのでしょうか。
しかし、極端な天候となってしまいましたね。
雲の中へ真っ赤な夕日が沈んでいきました。続きを読む "重い雲"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

曇り空

今朝は雲に覆われて6時過ぎても外は真っ暗。
寒いです。-1度と気温は出ています。
風は弱い北西風、ひんやりとします。
この寒さと関係は無いのでしょうが、海鵜はいつものように山越えではなく、
頼りなく海上を低空を飛んでいます。
海は西風の影響が出始めて東に流始めています。
沖を行く、舞阪からの漁船も引き返していきました。なにも隔たりのない船上は相当寒いのでしょうね。続きを読む "曇り空"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

やっと青い空

今年は本当に寒い日が続きますね。
これも温暖化が一因なのでしょうか。やたら極端な天候が多いですね。
今日の午後はやっと青い空になりました。
風は北西が地道に吹いているのですが、風はそれほど強くはありません。
しかし、この地道な北西風が砂を浜に運ぶのです。
漂砂の量はこの時期から4月ぐらいまでが一番影響が大きいようです。
漂砂は風紋にも現れますし、砂浜を見ていると漂砂で風が分かるぐらいです。
空には久々の晴天にセグロカモメが気持ちよく舞っています。
続きを読む "やっと青い空"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

新年明けましておめでとうございます

あっという間に新年ですね。
昨年は色々な方々に表浜ネットワークを支えていただき、ありがとうございます。
地元の細谷のみなさん、日本ウミガメ協議会のみなさん、豊橋サーフィン協会のみなさん、桜丘高校のみなさんありがとうございました。
今年、2006年はまた新たな展開となるのでしょうが、みなさんよろしくお願いいたします。

浜は今朝は生憎の曇り、穏やかな海は変わりないけど、人手は賑やか。
日の出は拝めなかったのですが、
三ノ輪の煙火会のみなさんが手筒花火を浜で披露したくれました。
2006年はみなさんにとっても良い年になりますように。

写真は浜辺で手筒花火です。続きを読む "新年明けましておめでとうございます"

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | posted by surfyuzi
| top |
表浜ネットワーク
表浜写真集