<< Oct 2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

10月も最後

10月も最後なんですね。本当に月日が過ぎるのが早い!秋はなんだかんだで忙しくてほとんど日曜日は予定がはいってしまっています。辛いな〜。と言いつつ今朝も浜辺に。弱い北西風が入っているのですが暖かいですよね今日も。昨日より潮が引いて波は膝程度で弱々しいのですが割れては居ますね。日の出も位置がどんどん沖に出ています。今朝もかすみ雲の中、くっきりと太陽が浮き上がりました。11月にはいると残っている孵化・脱出が行われていない産卵巣1カ所、どうなんでしょうか。海水温度が高いのが救いなのですが11月に入れば何時寒気が降りてきてもおかしくないですから、稚ガメの生存条件は厳しくなりますね。続きを読む "10月も最後"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

表浜をつなぐ砂と水の旅巡検記その2

「表浜エクスカーション」28日に続き、第2日目の29日です。
伊良湖にて宿泊したので早朝の野鳥観察から始まります。残念ながら夜間に前線が通過したようで朝は雲が残っています。トビは沢山、宮山原始林から飛び立ち空高く舞っています。その中にハヤブサやノスリカケスが飛んでいます。ノスリは山の斜面から3百メートルぐらい上空を止まったようにホバリングして地上を捉えています。さすがに野鳥が多いですね。さて、朝食を取って準備も整い、いざエクスカーション2日目に出発です。二班に分かれて越戸大山登山と和地から赤羽根のウォーキングです。空も晴れてきました。
続きを読む "表浜をつなぐ砂と水の旅巡検記その2"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ミサゴ舞う

海に浮かんでいると頭上を悠々とミサゴ(タカ目タカ科)が舞っています。もうこんな季節なんですね。でも海水はまるで温水のように温かく感じます。外気が少し冷たくなったからそう感じるのも多少あるのでしょうが、今期は海水温度は高いです。昨日のうねりが多少残るかと思ったのですが、どうも北西風でか弱い膝からセットで腰の波。サーファーも集中しているので避けて、適当なサンドバーを見つけて入水。膝程度でもコンパクトに割れるのでなんとかライド可能。時折のセットは腰程度だけど良い感じ。小一時間入っていたけど潮が引き始めると同時に、乗っている所を見つかってここも混んできました。まあ、セットも少なくなってきたので今日は終了。薄く拡がっていた雲も晴れだして今日も暖かい秋の日になりそうです。続きを読む "ミサゴ舞う"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

表浜をつなぐ砂と水の旅巡検記その1

昨日今日と「第2回表浜エクスカーション」でした。渥美半島の沿岸を要所を見ながら、海岸の循環環境(ここで言うのは砂浜を形成する砂と、砂丘や丘陵を覆う植生を育み、海の生き物(シラスやナガラミなど魚介類)の成長に大きく関与する湧水(伏流水)を追っていく旅です。まあ、面白かったですね久々に海岸を辿っていくと。本当に知らなかった事や気が付かなかった事、再発見や新たな認識の数々。判っていたつもりと言うのが一番怪しい、見て回るとその意識の危うさがよく判ります。取りあえず、エクスカーションは無事に終了。参加頂きましたみなさま、本当にお疲れ様でした。そしてナビゲーターの清野さん、青木さん、ご苦労様です。さて、それでは第一日目の28日の表浜巡検記をどうぞ!(コメントは随時直します)
続きを読む "表浜をつなぐ砂と水の旅巡検記その1"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

第二回表浜エクスカーション

表浜のイベントのお知らせです。(内容が少し変更になりました)
第二回表浜エクスカーションのお知らせです。
「表浜をつなぐ砂と水の旅」
***********************************************
日程:2006.10月28(土)/29(日)日(一泊二日)
集合:豊橋技術科学大学正門
時間:午前9時30分 出発:午前10時
宿泊:伊良湖ホテル
※オプションにて3,000円追加で渥美の新鮮な魚貝類が味わえます。25日まで申し出てください。

会費:¥7,000円(内訳:移動費、宿泊費、保険料、簡単な昼食込み)
定員:25名(マイクロバス定員)
申し込み締め切り:10月25日迄
エクスカーション広報パンフダウンロード・・・・PDF,416KB


Call me!
************************************************
愛知県の太平洋に面する表浜・渥美半島の秋の海岸ならではの自然を観察します。
また、砂浜の管理問題でも当地は有名なところで、漂砂侵食問題のメカニズムがわかりやすい場所です。
島崎藤村の「椰子の実」の伊良湖岬をたずね、宿のご協力により海の幸も味わえます。
---------ナビゲーター---------------
東京大学大学院 総合文化研究科助手
(専門:海岸・河川の環境保全学)・・清野聡子氏
28日巡検講師
豊橋技術科学大学 海岸工学教授・・青木伸一氏
今、日本の海岸を語らせたら、このお二方でしょう。清野さん・青木さんと一緒に表浜の渚に沿って渚の巡検です。

愛知県モデル事業:
第61回愛鳥週間(全国野鳥保護のつどい)プレイベント
(自然環境保全活動モデル事業)続きを読む "第二回表浜エクスカーション"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

越戸大山南斜面に

今日はまったく穏やかな海。すっきりと延びる水平線と空。夕方の浜辺は物静かな秋の浜辺。海はまったいらで膝下程度のさざ波が時折パッシャとショアブレイクで割れるのみ。気持ちの良いほどフラットですね。(笑
西風が心地良く、明日も真っ平らな海が拡がるでしょう。夕日はついとう、越戸大山の南斜面に落ちるようになりました。本来なら晩秋、小寒くなるはずだけど、まだTシャツで浜辺を彷徨いています。明日は第2回表浜エクスカーションです。これだけ波が無いので久々に、渥美までじっくりと巡検出来ます。
秋の青空が拡がる明日、表浜は気持ちの良い季節です。続きを読む "越戸大山南斜面に"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

オサガメの漂着

今朝、日本ウミガメ協議会から連絡が入り、22日にオサガメ(Leatherback turtle)が田原の久美原の浜に上がっていると、春日井からサーフィンに来ていた人が通報してくれたようで確認に行くよう協議会から要請があり、早速、久美原の海岸に向かいました。通報から3日経っているのでどうなっているのでしょう。ちなみにオサガメは国際自然保護連合レッドリスト指定絶滅危惧種(ワシントン条約付属書Tに記載)なので死骸と言えど勝手に処理はできません。DNA鑑定の為の肉片採集と現状確認です。しかし、現場を探しても見あたりません。浜辺は静かにさざ波が押し寄せているだけです。たぶん埋められてしまったのか、もしくは流れてしまったのでしょうか。残念!(出来れば、もうすこし早く連絡が欲しかったなあ〜)
辺りの海岸を少し散策してもやはり見つからないので終了。今度はもっと早く連絡してくださいね。
写真は通報を頂いた時のもの。このオサガメの情報をご存じの方一報頂けるとありがたいです。
e-mail:info@omotehama.net
続きを読む "オサガメの漂着"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今朝も晴天

今朝も引き続き晴天、まったく気持ちの良い朝です。風は北西が吹き続けたので海は真っ平ら。潮位が高い朝はほんのわずかな膝程度の筋がパシャッとかすかに割れるだけ。海で波待ちしているサーファーは長い間に完全に浮いているだけになってしまいます。これは駄目ですね、海に入るのを諦めて、調査地のチェック。今週はもううねりの期待は難しいようです。逆に釣り人は渚に沿ってずらりと並んでいます。今日の主役は釣りのようです。心地良い風と日差し、蒼く高く透き通った空は晩秋を思わせるのですが、今年はこの時期にしたは暖かいですね。海水温度が高いのも要因なのでしょう。昨日荒らされた産卵巣、今日も荒らされていました。どうやら犬ではなくタヌキかハクビシンか小さな動物のようです。卵の殻を見ると食べられたものもありそうです。続きを読む "今朝も晴天"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

晴天だけど

今朝は晴天、蒼い空が拡がって気持ちの良い朝です。海は昨日の夕方より穏やかに。うねりも腰程度となってほとんど割れず、かろうじて割れている所にサーファーは一極集中していますね。まあ、今日はやめよかなっと思ったけどダイエットも兼ねて、取りあえず人気を避けてセットのみブレイクしている場所で入水。朝方は寒かったので久々の3ミリフルスーツにしたけど、なんのまだまだ海水温度は暖かい。セットをなんとか引っかけて走るものの途中で消えてしまいます。まあ、仕方ないですね。小1時間で人も増えてきたし、飽きて終了。しかし、海水に小魚が沢山いるようで手足にパタパタ当たります。ボラも勢いよく小魚を追っています。沖合の漁船も網が重そうかな。続きを読む "晴天だけど"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

低気圧通過

一昨日からの低気圧、日本海側から下ってくるようになりましたね。今日は午前中に晴れ間が広がり雲が多いものの晴れています。風はやや強い北西風に変わりました。徐々に次の季節に移行し始めていますね。夕方の浜辺は夕日が越戸大山に掛かりそろそろ海に沈む日が近いようです。海は穏やかに戻って明日の朝はまたフラットな海となるかも。ウミガメの最後に近い産卵巣。どうやら脱出したようですが、その直後に犬に掘り返されてしまったようです。散らばる卵の欠片を埋め戻しながら稚ガメの無事を願います。そろそろ冬の事も考えないといけませんね。続きを読む "低気圧通過"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

東風の嵐

夕方、浜辺は東風が強烈。ちょっとした嵐です。風は体感温度を確実に下げています。(でもTシャツだけどね)海は荒れて西に強烈に流れています。海に入った先輩が丁度居たのでどうだったか聞くと最低だったそうです。そりゃこの強烈な風ではね。浜によっては瀬で割れた波が流れ込み浜崖を起こしている箇所も見受けられます。このような場面を見ると浜崖と海の沿岸流は密接な関係がありそうですね。浜は飛砂で縞模様が浮き上がっています。堆砂垣も効果発揮ですね。続きを読む "東風の嵐"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

東風

どうやら昨晩、土砂降り(寝ていたので分からなかった)だったようで水溜まりが池のようになっています。夜から来ていたサーファーに聞くと相当凄かったようです。今朝の浜は既に東風が入って西に海が流れています。波もうねりと言うより風波のようでかなりボヨボヨしています。まあ、取りあえず適当な場所で入水したのですが、ジャンク波。どうしようもないですね。海水が温かいのと青空がせめてもの救いです。今日は午前で終了。東西の渚を見渡すと釣り人がズラリと並んでいます。続きを読む "東風"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ふ化調査、もう最後ぐらいかな

今日は夕方にふ化調査。先週末に脱出が確認された浜へ向かいました。日没前になんとか終わってしまいたいので慌てて作業開始。掘り出すと1匹だけ稚ガメが生存。これもだいぶ出遅れて衰弱しているようです。そのまま、海に向かって行きました。この産卵巣の総数は84個。その内、未ふ化が12個。稚ガメの形成まで進行していたのが2個。あとは胚の形成も無かったようです。自然産卵の状態では波もなんどか被っているのですが孵化率は良い方ですね。夕方は東風がやや吹き始めています。海も波はほとんど消えてフラットに。明日は波も無いかもね。続きを読む "ふ化調査、もう最後ぐらいかな"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

快晴の浜から

今日も快晴。浜辺から丘陵を見ると紺碧の青空、くっきりと稜線が浮き出ています。良い天気が続きます。土曜日と言うこともあって人出は多く、釣り人やサーファーが溢れています。海は穏やかでうねりは胸から腰程度の高さ。波長の長い波でワイドで速い。今日も入水しましたが、ちょっとつまらない波でしたね。波待ち時間が長く、なかなかうねりが思うように割れません。海水温度が暖かいのが救いですね。つまらないから2時間程度で終了です。しかし、浜辺は晴れ渡った空と言い気持ちが良いですね。続きを読む "快晴の浜から"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

週末なのでか

あれっと思うぐらい人が多い。浜辺には既に車が沢山並んでいます。海は穏やかながらも多少のうねりが残っているからでしょうか。金曜日なのに土曜日みたい。まあ、某サイトの先輩と人混みの少ないスポットを狙います。速い波だけどまあまあだし空いているからここで入水。海水温度は暖かいし、今週はずっとうねりが入っていましたね。胸程度の高さのセット波を行ってみるとそこそこ良い感じ。小一時間半ぐらい楽しみました。潮が引くとダンパーが多くなり、ここで今日は終了。残る産卵巣をチェックしに砂丘に行くと、浜松から来ている釣り人が堂々と砂丘の上に車を駐車。駄目ですよと注意すると、50〜60代のおじさん、ニヤニヤしながら済みませんと移動。団塊の世代と言うのでしょうか、年下の者から注意されるとなぜかにやけるか逆ギレする。注意のされた事が無い世代なのでしょうか。マナーも今時の若者の方が良い。若者の事ばかり言ってられません。続きを読む "週末なのでか"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

穏やかな日々

今週は台風の接近も無く、海は穏やかな日々が続きます。今期は珍しいことに台風は遠州灘沿いには上陸していないですよね。砂浜は潮位変動ぐらいの影響でそれほど大きな浜崖となっていないようです。このまま安定していてくれると良いですね。今、表浜海岸の植生マップを来週の「表浜エクスカーション」に合わせて制作しています。これがこれが思ったより大変!こんなに植生の種類があったのかと驚くばかり。でも、作りながら考えていると色々と海岸の植物やその連鎖も見えてきます。勉強になりますね。しかし、期日は迫って容赦してくれません。焦っているのが本当ですが。続きを読む "穏やかな日々"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

釣瓶落とし

この時期の日没の早さは本当に驚きますよね。今朝は早くから浜松に用事があってまる1日浜松in。疲れを癒すために慌てて日没前に浜に。でも、既に陽は沈んでしまった。早い・・・日に日に日没が早くなってきました。夕方の浜は東風が入って海も風波の腰の高さで、ボヨボヨとよれた波。釣りはルアーが数人。マダカ等の大物が釣れるのでしょうか?日中は暑かったのですが、夕方は少し小寒く感じるようになってきましたね。続きを読む "釣瓶落とし"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

第17回日本ウミガメ会議のお知らせ

いつもお世話になっている日本ウミガメ協議会の全国シンポジウムが熊野の七里御浜で開催されます。
-----------第17回日本ウミガメ会議------------------------

 日本はウミガメにとって、世界でもかなり重要な場所であることを、皆さんは知ってますか?南日本の太平洋岸にはアカウミガメが産卵しますが、このカメが産卵する海岸は北太平洋では日本だけです。また、日本の周辺の豊かな海は、アカウミガメ以外にも多くのカメの餌場となっています。そのような場所ですから、日本人は古くから様々な形でウミガメと接してきました。産卵を見守る人もいれば、卵を食べる人もいました。死んだウミガメを見ればお墓をつくる人もいました。今、そのウミガメの生息環境が急速に悪化してきています。日本の各地では、それが気になって仕方のない人がたくさんいます。日本ウミガメ会議は、そんな人たちが集まって、ウミガメの現況や保護の方針を考える会議です。少しでもウミガメや海岸のことを考えてくれる方々の参加を待っています。

主催:  NPO法人 日本ウミガメ協議会
主管:  熊野・七里御浜会議実行委員会
後援申請予定: 環境省・国土交通省・水産庁・三重県・熊野市・紀宝町・御浜町・三重県教育委員会・熊野市教育委員会・紀宝町教育委員会・御浜町教育委員会

開催日:  2006年11月18日(土曜)から20日(月曜)
開催場所: 熊野市民会館 18日 公開講演会
        紀宝町まなびの郷  19日、20日 本会議
続きを読む "第17回日本ウミガメ会議のお知らせ"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

東うねり

今朝も晴れ、少し遅れて浜辺に出ると既にサーファーや釣り人は各々のポジションでスタンバイ。さて、台風のうねりは弱まり、東うねりの胸程度のダンパーに近い波。セットはほとんど入らなくなったのですが、時折肩程度の高さの波が入ってきます。取りあえず、某サイトの先輩と隠れたスポットに。誰も居ないし、それなりにセットは割れている。まあ、こんなものでしょうね。取りあえず入水。意外と海水温度は高く、暖かい。サンドバーの切れ目で、ワイドな波が切れるのは良いけどボヨボヨとしてなんとも掴みづらい波でした。しかし、今月は海水が比較的に温かいですね。まだ稚ガメも孵化は大丈夫そう。※うしおくん赤羽根の件ありがとね。続きを読む "東うねり"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

海食崖に沈む

夕方はもうすっかり涼しくなって西風も晩秋を感じます。台風が過ぎ去る事に秋が深くなりますね。海は西風の影響でうねりは肩から頭程度のサイズまで落ちてきました。西の流が強く、風の影響を受けたダンパーは変わらずです。サーファーや釣り人の姿もほとんど無く静かな浜辺に戻りました。秋が深くなると共に夕日が海に近づいて5時には海食崖に沈みます。昨日よりはまた海に近づいたかな。続きを読む "海食崖に沈む"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

日没がますます早く

日没がますます早くなってきましたね。夕方も海は荒れたままでなんとも、セットが時折入ると一直線に白波が走ります。この調子ではまだ落ち着くのは1〜2日かかりますね。でも、夕日は徐々に海に近づき初めて良い季節になってきました。10月中半、11月に入るともう年末の声が聞こえ出す訳で、1年なんて本当に早いものです。日が落ちて涼しくなった空気に浜は包まれ、コオロギの鳴き声が草むらから聞こえて心地良いです。続きを読む "日没がますます早く"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

秋空拡がる

蒼い空が拡がっています。これで海さえ落ち着いていれば最高なんですが。日差しは秋と言えどもかなりジリジリと照らしてきます。先週は日差しを甘く見て顔面がボロボロになると言う初歩的な大失敗しましたからまだまだ日中の日差しは侮れません。さて、昨日1匹起こしてしまった産卵巣をチェックに行くとやはり、その後沢山の稚ガメの脱出があったようです。産卵巣は窪んでいて周りに沢山の稚ガメの足跡が残っていました。なんとか無事に旅立ったようです。これで孵化の可能性のある場所は1箇所のみとなりました。その残りの場所、砂中の温度を見てみようと手を突っ込んで見るとかなり低温になっています。やはり後半の孵化が遅れる傾向になるのでしょうか。続きを読む "秋空拡がる"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

台風18号ソーリック(SOULIK)の影響

台風18号ソーリック(SOULIK)の影響で海は荒れています。夕方、孵化が遅れている産卵巣がどのようになっているのか確認に。波の遡上具合も気になるのです。夕方は小潮ながらも満潮。浜辺は東風がやや強く海は真っ白な白波が沖に一直線に走っています。サーファーや釣り人の姿も無いですね。波の遡上はそれほど心配するほどでは無いようです。もう、孵化脱出し終わっても良い頃なので少し砂中を掘って調べると、なんと直ぐ地上にまで稚ガメが出てきていました。(起こしてしまったようで申し訳ない)まあ、ちょっと早い時間だけど夕方なので、そのまま海に。だいぶ砂中の温度も下がってきているし、気温も20度程度。海水温度はまだ少しは暖かいのでしょうが、水温が冷たくなる前に早く海に旅だってくれると良いのですが。続きを読む "台風18号ソーリック(SOULIK)の影響"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

堆砂垣の準備

もう10月中半、粗朶・堆砂垣での養浜活動を準備しなければいけません。今期はありがたいことに豊橋市海岸を管理している農地整備課から堆砂垣の材料を用意してもらいました。ただ、当方がスケジュール一杯なので思うような日程が取れない厳しさがありますが、11月25日には大規模に粗朶・堆砂垣の養浜を行う予定です。10月中にも小さな準備設置も行いたいと思っています。人の手による柔軟的な養浜で来年度のウミガメに優しい浜を作ってみませんか?参加協力者募集してますよ!続きを読む "夕方の浜は"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

台風18号ソーリック(SOULIK)のうねり

突然でしたね。一見穏やかな海なのですが、セットだけはなんともワイドなドダンパー。ちょっとワイドすぎでどうしようもありません。それが終わると胸程度のうねりが厚くダラダラとブレイクするだけです。なんともな〜迷ってしまいます。でも、穏やかな間を見ているとなんとかなるかと思って入水。結局、沖に出るとセットは見た目よりサイズあり、しかも早くて右から左が繋がってしまっています。繋がりすぎて、どこからも行けません。切れそうなせこい波を狙ってもスープライダーです。後ろを振り向けばドダンパーの応酬。駄目ですね。、でも出てから海を見ているとまた穏やか。なんなの?面白くない。
写真では一見良さそうなんですけどね。騙されるよ。続きを読む "台風18号ソーリック(SOULIK)のうねり"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

カマス釣り

最近はカマスが良く釣れるようで釣り人が加熱しているようです。浜辺に出ると既に釣り人が渚に沿って並んでいます。春先は魚が掛からなかっただけに、この時期が多いですね。海は穏やか、満潮時でほぼフラット。潮が引けばどこかで波は割れてくるでしょう。台風18号ソーリック(SOULIK)がまた週末に掛けて影響しそうですね。ほぼ孵化は収束に向かっているので安心ですが、今後浜の状態がどう影響するか。今月ぐらいから養浜活動を始めなければいけないので気になります。続きを読む "カマス釣り"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

雨降りしきり暗い浜辺

朝の内は曇りだったのですが、お昼過ぎから雨です。浜辺も人影が少なく静かな浜辺。小雨が降りしきり、まだ5時なのに既に暗くなり始めています。日差しがないと日没は早いものですね。海はフラットに近く穏やか。ショアブレイクが時折バッシャっと音を立てて割れるのみ。残る産卵巣も数少なく、未だ変化はありません。これでだいぶ気温が下がるだろうね。前線や低気圧が過ぎる事に秋が深くなっていきます。続きを読む "雨降りしきり暗い浜辺"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ふ化調査も終盤

夕方、浜辺に行くとほとんどフラットな海に釣り人だけ。穏やかな海です。さて、ふ化調査も終盤に掛かってきました。今日は移植した場所の確認です。掘り出してみると卵の殻が多く、なかなか成績は良いようです。144個の産卵の内、135個が孵化していました。生きていた稚ガメが1匹。でも、地上に出られなくてかなりやせ細り衰弱しています。たぶん生き残れないのでしょうが海に向かって旅立ちました。そろそろ孵化も最後が近いです。
写真はやせ細った稚ガメ、掘り出さなきゃこのまま死んでいたのでしょう。それも野生の厳しさですね。続きを読む "ふ化調査も終盤"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

海に浸りっぱなし

今日は昨日と同様、真っ青な空が拡がる晴天。昨日と違うのは風が無いこと。これだけでも浜辺にいると気持ちいいぐらいです。波は諦めていたのだけど、風が無いならひょっとしてと思っていつもの場所に。なんと潮が引き出すと共に波が気持ち良く割れ始めました。肩から胸ぐらいのサイズでファンサーフ。しかも秘密のサンドバーには友達とたった二人。東のうねりがうまくサンドバーに当たってレギュラーの壁が延びること延びること。ライダブルな波で夕方までたった二人で沖から岸へ、岸から沖へと淡々と繰り返していました。あ〜疲れた、こんな日もあるのですね。続きを読む "海に浸りっぱなし"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今日はTSA

今日はTSAのコンペです。空は秋空、天高く真っ青に晴れ渡っています。昨日からの強風で波は消えてしまったのですが、心細い波ながら潮が引くのを待って見ることに。少しずつ波が割れ始めたので決行となりました。が、厳しいですね。強風は昨日ほどではないのですが、強く浜辺に立っていると体が風で揺れます。飛砂は顔に当たって痛いし。選手のみんなも苦労しているようです。お昼の休憩に20分ほど入水。やはり波乗り出来るような波ではありませんね。続きを読む "今日はTSA"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

爆風の1日

やはり爆風でしたね。蒼い空はありがたいのですが飛ばされそうなほどの強い風にはまいります。夕方に様子を見に行きましたが、相変わらずの爆風。飛砂が強烈で、まるで砂浜が動いているようです。西を向くのが辛くて顔にも砂が飛んできます。そんな海に入っているサーファーもいます。波は胸程度の高さに収まっているのですが、突風が海上を沖に向かって走っていくのを見ると、この爆風にはちょっとご勘弁ですね。明日はこの風収まって欲しいものです。続きを読む "爆風の1日"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

バビンカ遠離る

波の遡上具合、どんなものかと夕方浜辺に出てみると潮位は高く、ほぼ満潮。一見もの凄く穏やかな海にあれって思った途端に沖から大きなうねりの壁。どばやく一直線に波頭が走ってドッカーン。鬼のようなセットですね。それ以外は一見穏やかな海なんですけど、まだ止めといた方が良さそう。波の遡上は心配下ほどではなかったけど。一箇所、波が被ってしまった産卵巣。やはりあの位置では駄目なのかな。弱い北西の風、西の空からは夕焼けが拡がっています。やっと雨から解放される。続きを読む "バビンカ遠離る"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

雨降りしきる

今朝は秋雨前線を台風から流れる雲が刺激して雨、雨、雨です。浜辺にはカラスしかいません。人っ子一人居ない浜辺。海は意外とそれほど荒れていなくて、時折セットのうねりが入ってくるのですが頭の高さを超えるか越えないか程度ですね。前線が邪魔なんでしょう、おかげで砂浜はそれほど波の遡上も無く安定しています。孵化の状況も変わりなし、そろそろ砂中から出た方が良いんじゃないって思うのですが。台風が過ぎる都度に秋が深まりますからね。続きを読む "雨降りしきる"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

赤羽根漁港のアカウミガメ

見守るために伏せてあったのですが、今朝の中日新聞で取り上げられていたようです。2ヶ月近く、表浜の赤羽根漁港に居座っているアカウミガメ。先週確認しに行った時の様子です。かなり年老いたアカウミガメの様子で右後ろヒレが欠損し、甲羅はかなりの範囲で割れています。体力が無くて外洋に出られないのかと思えど、なんだか人に怯えた様子も無く、(愛嬌があるけど)漁船が通ってもお構いなしに、逆にこちらが心配してしまいます。水温が下がり始める10月。18度近く下がるような事があったら保護する必要があるのでしょう。今しばらくは静かに様子を見守っていこうと赤羽根塾・南知多ビーチランド関係者の方とも話しました。観察は大丈夫と思いますが、手出しはしないように静かに見守っていきましょう。
先週確認した時の様子の映像です。。クイックタイムで約10メガほどです。続きを読む "赤羽根漁港のアカウミガメ"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

降りそうで降らない

雲が広がっているけど降りそうで降らない空模様。昨日の天気予報では雨だったんだけど。浜辺は少し弱くなったけど東風。海は相変わらず風の影響を受け、西に流れて時折のセットは頭ぐらいになったのですが、ダンパーですね。バビンカの影響なのか前線の影響なのか微妙な所、台風の前面にある前線が影響して、このままジャンクが続き、そのまま突然クローズアウトになりそうですね。孵化の状況はもう、4箇所程度が残っているだけで、一向に変化はありません。涼しくなっていく外気に、砂中ですやすや眠っているのかと考えると、呑気にしている稚ガメを想像して心配になってしまいますね。月中半には孵化して欲しいものです。続きを読む "降りそうで降らない"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

バビンカ?16号迫る

またもや週末は荒れそうです。しかも今度は台風16号バビンカ(BEBINCA)が台風17号ルンビア(RUMBIA)と共に週末は北上しそうです。今朝の海は前線のうねりでしょう。東風の影響を受けてなんだかボヨボヨした波。でも、脂身さんとガクちゃんと小3時間入水。セットは肩ぐらいあってそこそこ楽しめましたが風が悪すぎ。さて、孵化状況ですが、後半は一箇所で脱出が完了したようですが、他は未だ反応無し。週末のバビンカとルンビアの動向が気になります。しかし今年のネーミングって・・・。続きを読む "バビンカ?16号迫る"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

やっと雨が上がった

今朝はやっと雨が上がりました。雲は多少残るものの、今日は晴れそうです。海も穏やか、波は胸程度のうねりが割れています。浜辺は釣り人が多く、キス、カマスを狙っているようです。浜崖が少しずつ西に移動中。去年は9月ぐらいに起こっています。秋に海流と潮位の変動で起きるのでしょうか。ちょっと様子を見て行きたいですね。10月はエクスカーションも予定していますし。養浜活動も再開しなければいけません。去年の堆砂垣もかなりボロくなってきました。まだまだ忙しいですね。続きを読む "やっと雨が上がった"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今朝も雨が残る

10月に入って天気は優れません。今朝も雨は小康状態になったのですが、空には雲が残って、すっきりとしません。気温は秋に入って順調?に下がってきています。水温がまだ23〜25度ぐらいはありそうですが、まだ残っている産卵巣も早く脱出してくれると気が楽になるのですが。と言ったところで今朝は一箇所脱出跡を確認。昨晩に渡って稚ガメが帰海したようです。日照時間が短くなると、水温がこれから急に下がる事もあるのでこれからの脱出状況は気になります。続きを読む "今朝も雨が残る"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

10月は雨のスタート

ぽつりぽつりと時折小雨。どうやら今日は天気がよろしくない。今日は普段工事で入れなくなってしまった場所の孵化状況の確認も兼ねて浜辺に向かいました。東風でTシャツだと少し寒いぐらい。産卵巣、一箇所は土砂に埋もれてしまったようで駄目ですが、もう一箇所だけ望みがあります。海も昨日入っておけばよかった。小波の雨交じり。つまらないし体が冷えたからそのまま、サウナが入りたくなったのでスーパー銭湯に向かいました。今日はこれでお終い。続きを読む "10月は雨のスタート"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi
| top |
表浜ネットワーク
表浜写真集