<< Nov 2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

明日から師走、寒い!

明日はもう師走になるのですね。もう既に色々と煮詰まり状態でどうなることやら。
さて、今は夕方、もう日没寸前。西風も寒いと感じます。(でも、例年に比べたら楽勝ですよね。まだジャケット1枚で充分ですから)冬の雲は西の越戸大山から大平洋へと流れていきます。上空に浮かぶ月も時折流れる雲に隠れます。海は今日は穏やか、膝程度の波が多少割れています。暗くなる寸前まで波乗りを講じる者も、さすがに5時になると一気に暗くなるから終了。寒そうに着替えています。これからいっそうと寒くなる訳で着替えも大変になりますね。今週末は冷え込むようです。
続きを読む "明日から師走、寒い!"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

日没

早いものですね。11月も残すところ1日。なんだか月日が経つのが年々加速している感じがして目眩がするほど。日没もあの位置に落ちていたのにもうこんな所と、なんとなく過去の日を思い出してもの思いにふけってしまいます。すこし寒く感じる西風が上空の薄雲を流し、その間に浮く半月を見ると空気の透明感を感じ明日からたぶん強くなる北西風を予感させますね。と言うことで明日の朝は海は真っ平らに戻っているでしょう。暖かい日々が続きましたが暦上、やはり冬ですね明日は少し冷えそうです。
続きを読む "日没"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

海も落ち着き

今朝は海も落ち着き穏やかな浜辺に戻りました。大きく潮が引いた浜は広く渚線の傾斜面の変化が見てわかります。瀬にはかなりの砂が堆積したようで、海岸全体に波が割れています。渚近くの砂が沖の瀬に移動しているのですね。そのお陰かサーファーも各スポットにまばらに点在して混雑は解消されそうですね。沿岸の丘陵は紅葉まっさかり・・・・かな。昨年より赤みが綺麗にでていると思います。青空に映えますね。しかし、今日も暖かく例年のように浜辺の冷たい西風が吹きません。粗朶・堆砂垣もまだ効果無い日が続きます。続きを読む "海も落ち着き"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

雨上がりの朝

昨晩も少し雨が降りましたが、朝は雨もあがって晴れ渡りました。風も弱い西風です。気温も高めでジャケットが必要ないぐらいに感じます。海は昨日の夕方と変わりないのですが、潮が引いていて瀬がかなり浅く時折、入ってくるセットは頭半を越えるぐらいで、かなりなダンパーです。一気に左右に白波が走り、爆発するように飛沫が上がります。でも、サンドバーの形良い場所を選べば、微妙に波乗りも出来そうかな。しかし今週は月末。多忙さも末期的なのでそんな事言ってられません。粗朶・堆砂垣の状態を見に行くと浜崖は西に移動しつつあります。ブロックも二段目が露出してきています。逆に東側は緩やかな砂の斜面を取り戻しつつある。お隣の静岡県白須賀方面は瀬が無くなってしまったようで非常に気になります。こちらも瀬と浜が少しずつ偏り始めています。続きを読む "雨上がりの朝"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

まだ降り続くみたいですね

夕方、海も波が高くなっているようなので堆砂垣がどんな状況か見に行きました。浜に出るとおっとびっくり。浜崖がより拡大傾向にあります。範囲も広く、そして高さも深く渚側が下がっています。なんと設置した堆砂垣にギリギリまで迫っていました。予測していたとは言えおやまあって感じですね。二段目のブロックも頭を出しています。この浜崖で流れた砂はやや西の瀬にかなり溜まったようです。その辺りは浅いようで波が勢いよく割れて白波が高く上がっています。(かなり浅い瀬のようでダンパーですね)海は荒れていると言う感じでは無いのですが波は高い。セットで頭を越えるぐらいの波が一気に崩れています。ワイド気味でブレイクも早そうですね。まだ今晩も雨が降り続けるようです。早く北西風が吹かないかな。
続きを読む "まだ降り続くみたいですね"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ノスリ舞う

最近、この辺りにノスリ(鷹)のつがいが一組、営巣を始めたようです。丘陵の上空に舞うノスリ、見事なまでにピタリと大空に静止しホバリング。そこから一気に地上に降りたり旋回したり、素晴らしいですね。これからの季節、このノスリが私のアイドルです。姿もトビと比べて飛び方からか、やはり悠々としていますね。さて、海の方は相変わらず東風がびゅーびゅーなのです。胸ぐらいのうねりですが良くない。昨日制作した堆砂垣と粗朶もしっかりと身構えてこれから来る北西風のシーズンを待ちかまえています。午後から低気圧が接近するようで、この低気圧が抜けてから堆砂垣の仕事は始まります。
写真は丘陵の空を舞うノスリ。マイアイドルですね。
続きを読む "ノスリ舞う"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

表浜の砂浜作り

今日の粗朶・堆砂垣による里浜作り「表浜をつくろう」は無事終了致しました。参加頂きました皆様、大変ご苦労さまでした。
東風が吹き続け、日が照っている内は良かったのですが午後から雲が広がるとちょっと寒い浜。海は東から西に流れて良い状態ではありません。さて、粗朶・堆砂垣の作業ですが、今回、材料が間伐材と市から補助頂いた簾と杭、ちょっとアンバランスで困難な状況でしたが、見事な堆砂垣が1基、そして簡易粗朶が1基出来上がりました。大きい堆砂垣は材料が桧で、かなり堅牢な造りでちょっと驚きですね。
これで、堆砂が始まるシーズンに間に合いましたよ。これからの砂丘の発達を見るのが楽しみです。
途中から地元の小沢の小学生が見学に来て、ついでに砂丘の植物野外教室となって、とっても楽しかったです。子ども達の素直な反応はいつ見ても楽しいものです。その点、大人も見習って欲しいものです。まだ堆砂垣の設置作業は12月、1月、2月と設置を予定しています。侵食に強い浜を私たちで試行錯誤ながら作ってみましょう。今後とも、皆様のご協力、よろしくお願いいたします。お疲れ様でした。
続きを読む "表浜の砂浜作り"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

表浜を作ってみよう!

みんなで表浜の砂浜をつくろう!
季節風を利用した粗朶・堆砂垣を使った養浜活動です。
サーファーの参加は大歓迎!釣り人から誰でも参加ください。(事前に申し込みは必要)

日時:2006年11月25日土曜日(小雨決行)
時間:午前10時〜午後2時 (昼食付き)
集合場所:豊橋技術科学大学前※集合地に午前9時30分集合、現地に直接でも可
場所:豊橋市小島町地先の海岸
スケジュール:
午前10時〜(設置作業)〜12時〜昼食〜午後1時30分〜(設置作業)〜2時〜砂浜植生・海蝕崖の自然観察会〜3時終了
※予定は天候によっては変更有り
*********************************************
表浜の粗朶・堆砂垣による養浜
表浜の砂浜をみんなでつくってみましょう。これから冬から春にかけて表浜では季節風(北西風)
が強くなります。この季節風に運ばれる飛砂を利用した養浜(砂浜を養う)作業を行います。
砂浜の砂丘を堆砂垣でより大きく育てて、海からの波浪に強い浜に成長させるのです。
自然の力を借りて、私たちがいつまでも憩い楽しむ事が出来る砂浜に表浜を育ててみませんか。

準備する物:軽装な服装(作業に適した服装)、防寒服(多少の雨も防ぐ)、軍手、タオル、スコップ等砂地を掘る物。
特記:昼食・飲み物は用意いたします。(参加者は無料)当日の保険も加入いたします。
お問い合わせ先
NPO法人表浜ネットワーク e-mail:info@omotehama.net
Call me!
堆砂垣のパンフ:PDFダウンロード
続きを読む "粗朶・堆砂垣の設置風景"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

晴れてきたし明日は

晴れてきたし明日は絶好の粗朶・堆砂垣「表浜をつくってみよう!」を設置する日となりそうです。午後、奥三河ビジョンホーラムの高橋さんが新城から材料の間伐材を届けて頂けました。なかなか見事な支柱(笑、ちょっとしっかりしすぎかな)で浜に立てる時はしっかりと掘る必要がありますね。これで風を弱める垣根もしっかりと組めそうです。さて、そんな感じで準備完了、今日の海は胸程度のうねりが入っています。サーファーのみなさん、朝サーフィンが終わったら、里浜造りの一環活動、9時ぐらいから3時間ぐらい粗朶・堆砂垣を設置します。みなさん協力してね、よろしく!続きを読む "晴れてきたし明日は"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

どんよりと曇りの1日

今日は1日雲が広がっていました。ここの所イベント続きなので今日は仕事です。夕方、浜辺に出ると弱い西風で海は膝程度の波が多少割れている。今の時期はどうやらサンドバーも偏っているのか波乗りしている浜も数カ所と偏っています。祭日なので遠方から来ているサーファーでごった返しています。明後日の粗朶・堆砂垣の設置の為、設置の検討をしながら、明日の準備の手順も考えます。大事な事を忘れていて堆砂垣の横の支柱が無い事に気が付きました。さて、どうしたものか、またメダケでも使うかな。明日の夕方は設置の準備です。続きを読む "どんよりと曇りの1日"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

素足に冷たし

ツーンと砂浜から素足に冷たさが伝わってきます。もう気持ち良いと言うより早朝の砂浜の砂は冷えています。海に入ると少しホッとするほどまだ多少温かい。風も冷たく感じる時にこれは助かります。今日の海は穏やかで昨日ほどのうねりは無いにしろ多少、セットで胸から腰程度の波が割れています。しかしサンドバーがやや岸よりでセットを掴もうとするとなかなか波は割れません。力も弱くやはり昨日の方が良かったようです。波待ちも長く1時間ぐらい入っているとかなり上半身が冷えてきました。もう3/2ミリでは厳しいですね。4/3ミリに替える時期かな。冷えてくると体の節々がガクガクになって若気の至り、腰や膝の間接が痛くなってきます。潮も上がってきてなかなか割れなくなり人も増えてきたので今日は終了。不完全燃焼だけど冷えには敵いません。歳だな〜。風も少し西風が入って明日は波も厳しくなるようですね。続きを読む "素足に冷たし"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今日は暖かい1日

今日は穏やかな天気。ほんとうに11月中半かと疑うような陽気でした。夕方、浜辺に出ると少し涼しくなった空気が心地良いほど・・・寒くない。今回の低気圧の通過ではあまり寒気が南下しなかったようですね。海はうねりが綺麗に残ってサーファーもたっぷりと楽しんだ模様。こちらは熊野から帰ってきた途端、大忙しになってしまった。予測は出来ていたのですが大変です。プレ師走に予定も見えてこないと言っても今週の土曜日はまた粗朶・堆砂垣を使った養浜を行う予定。なんてことか多忙過ぎです。続きを読む "今日は暖かい1日"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

第17回日本ウミガメ会議のお知らせ

明日から3日間は熊野に向かいます。そう、「日本ウミガメ会議」に参加します。

第17回日本ウミガメ会議(熊野・七里御浜会議)
開催要項

 日本はウミガメにとって、世界でもかなり重要な場所であることを、皆さんは知ってますか?南日本の太平洋岸にはアカウミガメが産卵しますが、このカメが産卵する海岸は北太平洋では日本だけです。また、日本の周辺の豊かな海は、アカウミガメ以外にも多くのカメの餌場となっています。そのような場所ですから、日本人は古くから様々な形でウミガメと接してきました。産卵を見守る人もいれば、卵を食べる人もいました。死んだウミガメを見ればお墓をつくる人もいました。今、そのウミガメの生息環境が急速に悪化してきています。日本の各地では、それが気になって仕方のない人がたくさんいます。日本ウミガメ会議は、そんな人たちが集まって、ウミガメの現況や保護の方針を考える会議です。少しでもウミガメや海岸のことを考えてくれる方々の参加を待っています。

主催:  NPO法人 日本ウミガメ協議会
主管:  熊野・七里御浜会議実行委員会
後援申請予定: 環境省・国土交通省・水産庁・三重県・熊野市・紀宝町・御浜町・三重県教育委員会・熊野市教育委員会・紀宝町教育委員会・御浜町教育委員会

開催日:  2006年11月18日(土曜)から20日(月曜)
開催場所: 熊野市民会館 18日 公開講演会
        紀宝町まなびの郷  19日、20日 本会議

参加・発表申込締切: 9月15日
(締切り日以降の受付も可能ですので、その際は出来るだけ早くお申込み下さい。)

参加費: 会員 3000円  非会員 5000円  学生1000円 (締切り後受付 +1000円) 続きを読む "第17回日本ウミガメ会議のお知らせ"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

日本ウミガメ会議2日目

さて、湯ノ口温泉瀞流荘から会議場である紀宝町に向かいました。今日の会議の会場はまなびの館です。施設は新しく、シンポジウムなどに大変使いやすく出来ています。1Fのフロアでまずはポスターセッションの準備です。各大学、NGO・NPOなどのセッションで内容は様々です。メキシコからの参加もあり興味深いですね。さて、準備が終わると早速、会議の第2日目が開始。午前中は紀伊半島の活動から。この地紀伊から伊勢まで長い三重県。海岸も多種なタイプでリアス式海岸の豊富な環境、そして昔から続いている地域社会、主に漁業との問題も取り上げられました。そして次はカリフォルニアのバハ半島での活動を中心に現地の学者と漁業者のNPOがどのように広域ネットワークを如何に形成するか、また子どもを含め啓蒙活動の事例を紹介しました。積極的なウェストナイズされた活動はダイナミックさを感じます。続きを読む "日本ウミガメ会議2日目"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

熊野へ

朝は晴れていたけど昼に近づくにつれて雲が広がってきました。そう、今日は表浜ではありません。三重県は熊野市まで「日本ウミガメ会議」に参加するために出発です。音羽蒲郡ICから、久々の東名高速に(ほんと、それだけ最近、東三河から出ていない)乗り入れ岡崎辺りで少し渋滞したけど湾岸に入ってそのまま伊勢自動車道へ。しかし、遠いな〜。やっと紀勢自動車道に入りそのまま熊野の山々へ。さすがリアス式の海岸なだけあって山岳地帯から一気に海岸に出るのには驚きましたよ。尾鷲を過ぎて午後2時に熊野市到着。空を見るとトビがたくさん飛び回っています。山から海で過ごしやすいのですね。七里御浜を見るとまたまた驚き、砂というより砂利浜なんですね。その砂利も粒径の違いによって浜がセクター化しています。砂利浜が傾斜が強くなるのを見て理解。さて、集合時間が迫ったので、あまり海岸を見る時間を取っていられません。熊野古道を散策するため地元のガイド(ウミガメの調査員でもある)さんである花尻さんと共に古道に向かいました。続きを読む "熊野へ"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

まるで南国の海

今日の海は真っ平らです。ちょっと大げさですがまるで湖のように穏やか。でも空が晴れ渡っているからか、海はスキッと蒼く、日差しの加減で所々少しエメラルドっぽい色に見えます。そう、なんだか南国の海みたい。砂浜が白く輝くと良いのですが流石に珊瑚砂と違って本物の砂はそこまで反射しません。でもそんな錯覚を覚えるほど。これから冬だというのに可笑しいですね。明日もどうやら同様のようです。いよいよ明日は遠路、「日本ウミガメ会議」に参加するために熊野まで出かけます。夏の間、車も調査に使って泥だらけだったので、やっと掃除しました。ちゃんと走るかな?ちょっと心配。続きを読む "まるで南国の海"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

とりあえず快晴です

昨晩は千島列島沖でM8.1の地震が起こりましたね。こちらでも津波注意報が発令されました。まあ、今回は津波は20〜40センチ程度と言うことでしたが、この地域は東海・東南海地震の津波被災が予測されている海岸です。忘れた頃が一番危ないので、日頃から地震が起こったらどのように行動するか考えておくことは需要です。さて、今朝、少しうねりが残っているかと期待していましたが・・・・難しい。空は快晴で青空が広がっています。気持ちの良い朝なんですが、海は穏やか。弱い西風が膝程度のうねりを波面を少しボヨボヨした感じに影響しています。数人のロングボードのサーファーが入っていますがちょっと体重の重い自分は難しい。予定も詰まっているので諦めですね。海岸は少しずつまた変化を始めているようです。砂州が少し西に移動してきているようです。
沖には鵜の大群が大きな渦のようになって移動しています。これから冬の時期によく見られる光景です。続きを読む "とりあえず快晴です"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

伊勢に沈む陽

今日も夕方に浜辺に向かいました。風は強くないけど少し寒く感じ、もう秋の風ではないですね。海は多少のうねりが出ていますが穏やかです。今の時期は色々と忙しくてゆっくりと海岸を回れません。なぜかと言えば今週末に「日本ウミガメ会議」に参加する為、今年の調査のまとめと資料も作成しなければ行けません。もう、稚ガメの孵化は完全に終わったようですが2〜3カ所が未だ調査出来ず、把握しかねています。なかなかまとめるのも大変です。夕方、静かな浜でちょっと深呼吸して息抜き。ゆっくりと伊勢の山々に沈む陽を眺めていると秋も終わったと実感しますね。続きを読む "伊勢に沈む陽"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

沖には積乱雲

夕方、浜辺に出るとなにやら、大きな音が響いてきます。どうやら沖合の積乱雲から雷鳴が聞こえてくるようです。今日は昼以降に崩れると天気予報では予測されていたのですが、遅れて夕方まで晴天。そして一気に雲が広がり始めました。穏やかに凪いだ海は膝程度のうねりが時折、スウッと割れる程度でさざ波が割れる音程度で静かです。対象に沖合には立派な積乱雲。その雲の下の海は夕日に照らされてうっすらと赤らんでいる。今日も釣れるようでサーファーより釣り人の方が多いですね。続きを読む "沖には積乱雲"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

寒さも少しは和らいだかな

今朝は昨日ほど風は強くはありません。お昼頃、ちょっと浜辺に向かうと釣り人だけ渚に並んでいます。海は本当にさざ波程度で数人のサーファーがそれでも入っています。いくら昨日ほどではないとは言え風は吹いていますから厳しいですね。天気は多少の雲が流れているのですが晴れ渡り、浜名大橋から渥美の大山まで見渡せます。今年は台風の上陸が少なくて表浜は影響が少ないようです。東西の渚線はかなり海に向かって前進しているように見えますね。
続きを読む "寒さも少しは和らいだかな"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

おお〜寒い!

一気に寒気が流れ込んできましたね。昨晩から北西風が強烈に吹き始めました。
今日は海は諦めて、色々と資料などの準備に掛かっていました。秋はイベントが多くて大変です。夕方、やっと息抜きに浜辺に。海は北西風ですっかり冬色になってきました。砂浜も漂砂で形が変わってきています。そう、もう粗朶・堆砂垣の設置時期ですね。昨年の調査地の粗朶・堆砂垣はまだ効果を示しています。25日には新たな設置を試みています。今はどのように設置すると効果あるのか堆砂具合を検討しながら場所を決める予定。色々と考えながら養浜活動ってのも楽しいものです。しかし、風が冷たい。続きを読む "おお〜寒い!"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

とよがわ流域こども会議

今日はNPOの仕事として「とよがわ流域こども会議」に参加。この東三河、豊川の流域の小学生が参加し山から川そして海と繋がる環境を考えるワークショップです。子ども達が今年1年間で川に住む水生生物を環境指標として調査した結果を発表する訳です。いや〜子ども達は面白い!色々な発想があってワークショップも楽しかったです。参考になりました。(でも、結構疲れますね。先生は改めて大変なんだなと痛感)個性豊かな子ども達と話し合えて今日の成果。海?行けませんでした。まあ、朝は雷も鳴っていたし雨だからね。こんな日も良いですよね。続きを読む "とよがわ流域こども会議"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ポカポカ陽気は

今朝は寝坊をしてしまった。で、浜辺に出たのは既に陽が昇っている時間。海は昨日に続き穏やか。日差しはまるで春の陽気。釣り人も渚に並んでいます。早速、割れ始めているサンドバーを狙って入水。まだまだ海水温度が温かいのが助かります。腰からセットで胸程度の厚めだけどファンな波。セットをつかみライド。力が無いのですが、なんとかロングライド出来ます。某サイトの先輩も遅れて入ってきて楽しみました。良い季節?でした。でもよく考えると11月にしては暖かいですよね。写真は下地のスターS氏です。もうちょっと手を挙げるとかアクションが欲しかったのですが、どう?と聞いたら五十肩だそうです。大事にしてくださいね。続きを読む "ポカポカ陽気は"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

カタクチイワシを拾う

今日も穏やかな陽気。でも、さすがに今までのように暑く感じる訳では無いですね。
夕方に浜辺に向かうと風はほとんど無く海は凪いでいました。ただ釣り人は昨日より多い。
波打ち際に出るとカタクチイワシが岸に寄ってきているようです。大きな魚に追われてか砂浜まで打ち上がっているイワシも点々といます。まだピチピチと跳ねているので思わず、拾ってしまいましたが、まあ刺身で食べると美味しいのでしょうが拾い集める訳にも行かないし、海に投げ返しました。サーフィンに来ている若者もルアーに持ち替えて構えています。そしたらなんとマダカが掛かりました。明日はどうやら釣りが白熱しそうですね。続きを読む "カタクチイワシを拾う"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

午後は寒さも和らいだね

まだ、寒さは長続きしないようです。午後は風も弱く、日差しもあってちょっとポカポカとした気分。快晴でしたものね。夕方、浜辺に向かうと海はスカッとまるで池のように穏やか。水平線もすっきりと見晴らせます。静かな浜辺には数人の釣り人と多少波が割れている場所にはサーフィンを講じている者達も。夕日が砂浜をオレンジ色に照らし始めると陽は伊勢湾を越えて伊勢の山々に沈みはじめます。東を見ると己の陰がスウッと延びています。晩秋から冬の静かな浜辺でした。続きを読む "午後は寒さも和らいだね"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

立冬、一気に冬に向かう

午前中は雲が広がっていたのですが昼から青空が広がりました。今日は立冬、青空が広がると同時に冬型の気圧配置になり、強い北西風が吹き始めます。この辺りの北西風は半端じゃありません。家が強風で揺れるほどです。そうなると夕日は美しく空に映える時期となります。西から流れる雲に夕日が反射し、伊勢方面に沈む陽は一層と赤みを増します。砂も飛砂となり浜を西から東に走り抜けます。海は波も風に消され、一気に冷たい海に変わります。今日、冬に入ったのですね。続きを読む "立冬、一気に冬に向かう"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

小春日和

もう本当に良い天気が続きます。今日は豊橋のサーフィンのコンペ。実は8月に台風で途中延期され今日の再開となってのです。コンペポイントは潮位が高い朝でもなんとかブレイクしているスポット。セットの波で腰から胸程度で割れています。まあ、天気も良い物だから、浜辺にたたずんでいるとウトウトと居眠りしてしまうほど。この陽気に気持ち良くコンペは続きます。無事に昼過ぎに終了し今日はみなさんお疲れ様でした。今日も疲れたな〜。続きを読む "小春日和"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

まったくの小春日和ですね

今日も晴天、小春日和。浜辺はTシャツ一丁で心地良い陽気です。海は穏やか、波は残念ながら小さいのですが気持ち良いからね。日中は日差しはまだ強く、秋って感じしません。早朝はちょっと冷えたけど海水も温かく半袖のウェットに着替えて入水。相変わらず力の無い波ですね。浮かんでいると潜ってみたくなります。深さは2メートルも無い場所ですが海底を見てみます。透明度はそこそこ、ゆらゆらと底は砂が波紋状になってアオサが揺れています。11月にこんな余裕で泳ぐ事が出来るなんて不思議ですね。続きを読む "まったくの小春日和ですね"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今日は暖かいね

昨晩の雷雨で海岸への道は泥水の池となっています。朝は晴れ間が既に広がり東の海上から朝日がくっきろと覗いています。青空が広がって今日は暖かくなりそうですね。さて、海はどのようなものかいなと見ると多少のうねりが入っています。潮位もまだ高く、腰の高さ程度ですがなんとか波が割れています。さっそく着替えて海に入水。風は冷たいのですが、まだまだ海水温度は高く、温かいので助かりますね。適当な波を捕まえてライド1本目。なかなかなシェイプでしたね。でも、波待ち時間が長い。ジーと待って1本と繰り返し。おかげで長い時間海に入ってしまい体がふやけてしまいました。待つのもくたびれますね。続きを読む "今日は暖かいね"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

え!明日って

知らなかった。明日は文化の日で祭日なのですね。月日があまりにも早く展開するので、どうやら感覚がついていきません。夕方は浜辺は雲が広がり風は冷たい。どうやら雷も鳴っています。西の海上の空でに稲光。寒気が入ってきたようですね。海はどうかというと膝程度のショアブレイクが渚で割れているだけ。やはりこの前線ではうねりも期待できないようですね。これで気温も少し下がるのかな。夕方の浜辺は暗くてサーファーも釣り人も姿が無く、静かでした。続きを読む "え!明日って"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

人工化する海岸と野生生物の関係

稚ガメが消波ブロックに落ちていると通報頂き、忙しさの中、遅れてしまったのですが今朝確認に行きました。現場は私たちの調査範囲が届かない田原の海岸です。現場に到着すると早速、ブロックの穴を注意深く見回ります。やはり稚ガメの死骸が見つかりました。海岸は汀線から40メートルほど傾斜堤手前4メートルぐらいにブロックが位置しています。産卵巣はかすかな稚ガメのタートルトラックを辿って見つけることが出来ました。傾斜堤の直ぐ根本で産卵したようです。海側は砂浜が下がっていて今の時期だとどのように親ガメが上陸したのか(たぶん8月後半ぐらいかな、上陸時には砂が上手く掛かっていたのでしょう)消波ブロックを越えて産卵した訳です。で、稚ガメが孵化して脱出となったのですが、ブロックの穴に落ちてしまったのです。ブロックの穴の中には稚ガメの足跡がグルグルと回っています。その穴には2匹の稚ガメの死骸が認められました。確認出来た死骸は12匹。現場を見る限り、稚ガメは越えることはほとんど不可能な感じなので、まだ砂に埋もれてしまった稚ガメも多数なのでしょう。仕方がないので産卵巣も掘り出して確認しました。なんと生存は3匹。1匹は死骸。他は全て孵化したようです。生存していた稚ガメはほとんど衰弱しきっています。たぶん生き延びることは難しいかな。でも、海に向かって稚ガメは進みました。ここまで防災面で人工化が進むと野生動物に影響を与えることは免れません。考える事が出来る私たちヒトがなんとか方策を練ることも必要ではないのでしょうか。
※通報頂きました今井さま:確認出来ました。ありがとうございました。
続きを読む "人工化する海岸と野生生物の関係"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

霜月に入って

寒い朝ですね。でも例年に比べたらそれほど寒くなく、まだまだ霜がつくほどではありません。
素足で浜辺に立つと砂が心地良い程度にひんやりと冷たく目が覚めます。海は今週あまり変化無く穏やかで波も膝程度ですが、海水の温度が温かいので助かります。フルスーツに染みてくる海水温度はまだ温く体も驚きません。これが冷たくなるとびっくりしますからね。またもや、人混みは避けてコンパクトなサンドバーを狙います。でも、さすがにうねりが小さいので今回は失敗。いや〜浮かんでいるのも気持ちが良いから良しとするしかないようです。某サイトの先輩と顔を見合わせ苦笑い。まあ潮が引いて終了ですね。今日も日中は暖かくなりそうですね。
続きを読む "霜月に入って"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi
| top |
表浜ネットワーク
表浜写真集