<< Aug 2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

もう9月になるのか

早いもので、明日からは9月。今朝は比較的に涼しくて、浜辺に響くは秋の虫の鳴き声。日中は暑さが続くのでしょうが、朝夕は涼しく感じるようになりましたね。遙か大平洋沖ではハリケーンからタイフーンに変わったイオケ(台風12号)がゆっくりと動いています。こんな事は過去に無かったですよね。しかも猛烈な勢力で920hPaとなっています。海水温度によってはまだまだ成長しそうです。コースと言い少し不気味ですね。変わって今朝の海はまったく台風の気配を感じさせず、波も無く穏やかです。今日も釣り人が主役ですね。ふ化状況は進展していません。昨晩確認した一つの産卵巣から昨晩2匹の稚ガメが旅立っていきました。もうすこし日数が掛かりそうですが、やはりイオケの動きが気になります。少ない産卵巣が流出しては困ります。続きを読む "もう9月になるのか"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

小雨パラパラ

久しぶりですね。小雨の朝です。ちょっとパラパラと降った程度ですけどね。穏やかな海でさざ波程度。浜辺には釣り人が集結しています。ここ数日はやっと魚影も濃くなり、釣り人が主役なようです。今朝もふ化状況を見て回るのですが、少しずつですが、着実にふ化脱出が始まりました。小さな足跡が砂浜に転々と見られるようになったようです。6月20日以前の産卵巣からふ化し始めました。徐々に大海原への旅立ちの準備が進んでいるようです。
写真は そうは言うものの、既に予定日が過ぎているのですが、一向に沈黙の産卵巣も幾つか。続きを読む "小雨パラパラ"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

でも、夏は続く

昨日は比較的に涼しかったけど今日は元に戻って日差しが強いです。背中に日差しが当たるとジリジリと来ますね。空も晴天だから日中はかなりな残暑になるでしょう。でも、日の出前の海岸は虫の声が響き、なんだか秋だな〜っと感じますけどね。日の出位置も海岸線にまで南にずれてきました。巡回はふ化状況を見ていきますが、あまり変化はありません。砂浜の中程に位置する産卵巣はなんだか遅れる傾向にあるのでしょうか。まったく気配が無く、静かです。砂丘帯の植生の位置ではふ化した産卵巣もあるのですが。28カ所の中、結果が確認出来ているのは4カ所と言った所でしょうか。
海は凪いで蒼く輝いています。沖では魚が跳ねています。キスもそこそこ釣れるようですね。
写真は今朝の海、沖でボラが跳ねています。続きを読む "でも、夏は続く"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

週明けは静かな浜

昨日の賑わいで夏のイメージとお別れの方も多いのでしょうか。今朝は雲が広がり東風で比較的に過ごしやすい気温です。でも、まだまだ暑い日は続くのでしょう。ウミガメの上陸も今度は本当に終息していくのでしょう。今度は新しい命に的を絞って巡回です。だから渚線より砂浜や砂丘帯に目が向きます。昨日は一カ所ふ化し脱出した跡を確認しました。少しずつですが稚ガメは帰海しているようです。今期の表浜の産卵巣は28カ所。全て無事にふ化してくれると良いのですが今のところ、日数は経っているものの変化の無い産卵巣も幾つかあります。続きを読む "週明けは静かな浜"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今日は日曜日

今日は日曜日と言うこともあって海岸は賑やかです。海はほとんど波が無いというのに結構サーフィンに来ていますね。浜辺はまるで海水浴場の様相。ウミガメは上陸が無いようですが、稚ガメの脱出はちらほらと始まったようです。賑やかさに隠れてひっそりとアカウミガメの子どもは海に帰っていきます。続きを読む "今日は日曜日"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

まだまだ続く

湖畔の様な海も東風で少しは波立っているっと言って良いのか。かすかな波を求めて、そんな岸辺にサーファーが群がっています。空は薄くガスが掛かったような今一晴天とは言えない天気。なんだか午後には崩れるような事を天気予報は言っていました。さて、今日も続いています。湖畔の様な海もですが、ウミガメの上陸も2カ所で確認。一カ所では渚から真っ直ぐに伸びたタートルトラックと産卵を確認。もう一カ所がやっかいで消波ブロックの脇から上陸し、傾斜堤に乗り上げ、一端戻り、東に消波ブロックに沿って延々と移動し袋小路になってしまっているのでそこから西に延々とブロックに沿って戻り消波ブロックの脇に出て帰海。産卵は認められませんでした。続きを読む "まだまだ続く"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

湖畔ですね。

あまりの暑さに、と言うか甥姪が遊びに連れてけと言うので海水浴に。
本当に海水浴しかできません。まったくのフラットですね。明日も明後日もこんな感じが続きそう。

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

まるで湖畔の様に

まるで湖畔のように静かな海。時折渚でさざ波が割れているだけです。日の出は着実に秋に近づき午前5時近くにやっと東の空は明るさを増してきました。浜辺は風も無く今日も暑くなりそうです。既に釣り人は思い思いのポイントを狙って竿を海に伸ばしています。巡回は渚線にはウミガメの上陸跡も無く今日の巡回調査は終わりました。夏の残骸の花火ゴミやBBQゴミが至るところで目立ち、浜辺はその地域の心を映すとよく言われています。欧米の街と浜辺の関係はこれほど荒れては居ませんよね。なんだか秋の気配が思わせるのか虚しさを感じます。でも、明日からまた週末となり賑やかな浜辺と豹変するのでしょう。続きを読む "まるで湖畔の様に"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今朝も続く

今朝は穏やかな海。静かな浜辺に響くはさざ波の音だけ。少し東の空が明るくなり出すとセミの鳴き声もどこか遠くから聞こえてきます。巡回を始め、今日も産卵巣を注意しながら進みます。ふ化はなかなか遅れているようですが、またなんと上陸跡が渚から続いています。砂丘帯の所を見るとボディピットと埋め戻しのカモフラージュ行動で盛り上がった砂。産卵していました。なんだか後半ですが続きますね。一匹の親ガメだったら連続するはずないので未だに数匹が沖に居るようです。日差しが浜辺に昇るにつれて暑くなってきました。今日も猛暑でしょうが、なんでこんな時期まで産卵が続くのか?これも温暖化で野生動物のアカウミガメも例に漏れずに生態が乱れてきているのでしょうか。
写真は今朝の産卵巣の様子続きを読む "今朝も続く"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

渚から続く

さざ波の音が響く静かな浜辺、海は穏やかです。いつものように巡回を進めるとなんとウミガメの上陸跡が目に入りました。足跡は渚から真っ直ぐに砂丘帯に延びています。しかも撤去調査地に産卵しました。一番最初は上陸のみでしたがこの時期になってやっとこの場所で産卵しました。但しふ化時期が心配です。なんとかふ化時期まで海水が温かいと嬉しいのですが約60日後は海は冷たいのですから砂浜で生まれる小さな命には厳しい条件です。僅かな希望に掛けて上陸する親ガメ。無事に成長出来ると嬉しいのですが。
写真は上陸しそのまま砂丘帯の位置に産卵したアカウミガメのトラック。続きを読む "渚から続く"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

雷雨

レインウェアを叩く雨。久々の土砂降りの中からの巡回です。雲が切れ始め、雨は上がるだろうと予測した通り、直ぐに雨は上がりました。海は穏やかで岸際でショアブレイクが割れている程度。早速、巡回を始めたものの結局、上陸は確認出来ませんでした。もう8月も後半ですからね。仕方ありません。昨日の産卵巣の事もあり、状況を注視し確認しながら進むのですがこちらも変化なし。今日は初上陸の産卵巣の残りも含め、改めて位置の確認とふ化状況の調査の予定です。薄曇りは少しありがたいですね。
写真はクロマツの眺めが気に入ったようです。トビの親子。続きを読む "雷雨"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

さばかれていた産卵巣の確認

さばかれていた産卵巣の確認にいってきました。
2006年6月15日のもので様子は以下にブログに記されています。
2006年6月15日の記録
産卵を移植したのは私と表浜ネットの調査員杉浦君です。再度、掘り出して確認した産卵巣は5個の卵が残っていました。内訳は以下です。
1個は液状で胚も見あたりません。
胚も無く固形化していたのが1個。
液状でも初期段階で胚が形成されている卵が1個。
胚も無く内側が茶色に腐食した卵が1個
そしてもう1個、胚も見あたらない固形化した卵が1個で計5個
89個移植して5個が死んだようです。かなり良いふ化率ですね。
続きを読む "さばかれていた産卵巣の確認"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

休み明け

昨日の賑わいは浜辺の至る所に残るゴミとヒトの足跡で容易に想像できます。今朝は元に戻ってホッとします。東の空から朝焼けが始まり夜空のが明るくなり始めた浜から巡回を開始。今日の海はまったく穏やかでまさに夏の海。巡回を進め途中でタートルトラックを見つけました。まだまだ上陸しますね。このトラックは汀線から消波ブロックが近く、上陸後にブロックに阻まれ産卵できずに帰海しています。残念ですね。巡回は産卵巣の状況を確認しながら進みます。そろそろふ化脱出が始まるかと思っていた(6月15日産卵)産卵巣がどうやら捌かれています。たぶん数匹出ていたのでヒトが掘ってしまったようです。酷い事ですね。無法になってしまう週末、なんとかならないものか頭を抱えてしまいます。その後はまだふ化は始まっていないようです。
写真は何者かにさばかれてしまった産卵巣。どうにも困ったものだ。
続きを読む "休み明け"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今日は駄目駄目

今日は週末で晴天。しかも海も穏やかになって来たので1日凄いことになるだろうなと思っていたらその通り。車はどんどん海岸に向かって入ってくるし、サーファーや釣り人、海水浴と、もうどうにでもなれって感じに拍車が細谷で何やら灯りが煌々と輝いているではないの。何やら舞台まで作って朝方まで音楽をガンガンに鳴らして騒いでいたようです。そんなん聞いてなかったのですが・・・・しかも舞台は産卵巣の上の様な気がします。もうウミガメ処ではありません。西を見回ってふ化もまだなようなので、今日は東はキャンセル。浜辺では最後のどんちゃん騒ぎですね。当然ウミガメの上陸・産卵はありませんでした。これから入水、今日も海三昧の日です。続きを読む "今日は駄目駄目"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

6月4日のふ化状況

やっと、今週はじめからアカウミガメのふ化がはじまりました。連絡頂いた産卵巣のふ化の内容です。(朝倉さんありがとね。)95個の産卵で4個の破損。残り91個のふ化状況の報告です。約75日程度かかりましたが、21個残してふ化脱出しました。21個の内、17個の卵はふ化の途中で死んでいます。8割のふ化率ならまあまあの状況ですね。17個の内、胚が発生しているものは3個。他は胚の形成は見られません。3個のうち2個は胚が稚ガメに成りつつあり、第4期と第8期ぐらいでした。水分不足ではなかったようです。残り4個は未だふ化前で成長過程のようだったので2〜3日様子をみます。
写真は胚が成長して稚ガメを形成。卵黄を抱えた段階まで来ていましたがその段階で死んだようです。
続きを読む "6月4日のふ化状況"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今朝は産卵とふ化

もう週末なんですね、お盆と言うこともあって一週間は早い物です。今朝も生ぬるい南東風が吹き続けて渚にはアマモが流れ着いています。相変わらず海は風で荒れて西に流れています。日の出時間がかなり遅くなって薄暗い浜から巡回開始。潮が引いた渚にタートルトラックを確認し、一カ所のボディピットを調べると産卵していました。昨年は最終が9月1日でしたが、今日の産卵は60日掛かると10月後半になる明けです。温暖化が進んだと言え、稚ガメの帰海には難しい時期ですね。突然、携帯が鳴り、産卵巣の様子を見て頂いている方から一報あり、今年一番最初の産卵巣の最後の脱出のようです。早速向かう事にしました。元気な稚ガメ約10匹の帰海は無事にすみました。91個の産卵された卵の内、残りの卵17個はふ化の途中と前で死んでいます。4個の卵が未ふ化でした。8割程度のふ化ならまずまずですね。続きを読む "今朝は産卵とふ化"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

蒸し暑い朝

東風が吹いているのですが、今朝は湿度が高く、むっとします。潮が引いて渚は鏡面のように滑らかです。渚線にはウミガメの上陸跡は認められず、先週から流れ着いたゴミとアマモが目立つだけ。巡回は産卵巣の様子を見ながら続けるのですが、まだ60日も経っていないのでふ化の気配はありません。気になるのは一番最初に産卵された卵ですが、やっとふ化と脱出が始まったようです。70日程度掛かっているのですが、これぐらいのバラツキはあるのでしょう。徐々に始まる稚ガメのふ化。今年はしっかりと把握し、状況を調べたいと思っていますが、これが現状では、砂浜の変動など色々とあってなかなか大変な事になってしまっています。アカウミガメの生育はこの海岸の健康度の一つの指標と私たちは見ています。この浜が里浜としてアカウミガメがいつまでも訪れる美しい浜辺として存続することを願っています。調査の目的を理解して頂きたいと思うのですが、なかなか理解頂けない場合もあります。そんな時はため息と共に疲れも増します。
写真は丘陵のササユリ。覆い茂る斜面で凛々とそして涼しげに咲いています。何気なくこの品位に安らぎますね。
続きを読む "蒸し暑い朝"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

東風と雨

今朝は浜辺に立つと生暖かい東風が吹き、雨雲が流れて、黒い雲が上空にかかると突然に雨がパタパタパタパタと降ってきます。台風11号が熱帯低気圧に崩れて雲も南岸に流れてくるようです。
砂浜の沢山のヒトの賑わった足跡も、東風に消されて砂浜はリセットされました。沖からは相変わらずのゴーと言う波音が響き、白波が走っています。今朝は本当にヒトが居ません。サーファーも釣り人も。静かで良いですね。じっくりと巡回が出来るので、産卵巣の状態をGPSを頼りに見て回ります。今シーズンは60日経過してもふ化の気配は無く、遅れているようです。もう少し日数が掛かるようですね。また、ウミガメの上陸は認められませんでした。(湖西では今朝産卵を確認。うしおくんネット)これからは産卵巣のふ化状況を慎重に見て回る事になります。
写真は、ウミガメの産卵巣がある砂丘帯。この帯域を見回ります。
続きを読む "東風と雨"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

波高し、波浪な日々

今朝はさすがにキャンプしている様子はありません。うねりも台風10号の影響で沖合がら白波がたち、ゴーと波音が浜辺に響いています。真っ青な空が広がり、潮が夏の日差しでまぶしく輝き始めます。東の海岸は黄金色に渚が照らされます。その渚にはアマモがたくさん打ち上げられ、今日もウミガメの上陸は確認出来ません。今度は本当に産卵シーズンも終息に向かっているようです。これからはふ化時期に入ります。巡回調査も少しづつ時間をシフトさせていく時期です。まだかまだかと無事にふ化するのか稚ガメを見るまで心配が続きます。
続きを読む "波高し、波浪な日々"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

渥美は堀切

今日は渥美まで足を伸ばして海岸巡回。堀切の海岸を見てきましたが、かなりな速度で春先に見たときより侵食が進んでいて驚きました。この海岸は他の表浜と砂浜の砂質が違います。それは他の砂浜は天竜川からの漂砂が主たる供給源で掘切の海岸は渥美半島の海食崖からの砂が供給元と言われており、色もやや茶褐色で違います。堀切の砂浜は玉砂利も含まれ砂の粒径も大きいのです。海岸の中央部は特に砂浜が2〜3メートルは下がっているかのように感じます。以前は岩の頭の部分だけだったのが、今や大きな姿を現していて驚きます。この海岸にも当然ながらウミガメが産卵に訪れます。偶然見つけたタートルトラックにはちゃんと産卵されているようです。しかし、この場所も汀線から余裕が無く、難しい場所です。渥美の保護活動を行っている方に連絡を入れておき、後の事はお任せしました。ここの砂は質が違う事で非常に掘りやすいのですが、簡単に穴が崩れてしまいます。ウミガメも産卵巣を掘るのは大変だろうなと思います。また調査も難しいのでしょう。ご苦労様です。
続きを読む "渥美は堀切"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

朝焼けに染まる渚から

一昨日のウミガメの上陸から、海岸にはキャンプなどで夜間も賑やかな為に上陸は難しいかなと思ったので、今朝は少し時間を遅れて巡回を開始。既に明るくなった海岸は東風が吹いて、歩いていても心地良く潮の引いた浜辺は少し広く感じます。海は台風10号11号と連続して発生した台風で荒れて白波が沖から続いています。サーファーの姿も少なくてキャンプしているグループしか見あたりません。東の空が赤く染まって朝焼けの雲が渚に反射。今日も綺麗な日の出となりました。まあ、ウミガメは昨日に引き続き上陸は認められませんでしたが、気持ち良い巡回となりました。
続きを読む "朝焼けに染まる渚から"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

まあ今朝はお盆だし

日の出時間は徐々に遅れて星空を楽しむ時間が長くなりました。月と星と明けの明星。
これだけ揃えば満点と言いたいのですが、それに足して東の空が赤く染まり、日の出も始まりました。浜辺は心地よい風が吹き、砂浜を歩くには丁度良いです。今日もお盆休みが真っ最中で、海岸にはテントが沢山目に付きます。ウミガメの上陸は難しいだろうと決め込み、今朝は浜辺の空気を楽しむ事に切り替えました。正解です。ウミガメには申し明けないのですが潮の香りと日の出が楽しめました。まあ、こんな日もありますね。
実はこれから豊橋のサーフィンのコンペ(高林建工杯)に参加でした。しかし、台風10号の影響が出始めてしまい丁度、私のヒートで延期を決定。潔い決定を下した運営は立派でしたね。事故があってはせっかくの楽しみも台無しですから。続きを読む "まあ今朝はお盆だし"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

お盆みの賑わい

いよいよお盆休みに入って海岸は車とキャンプのテントやらで朝早くから大にぎわい。
こんな日はウミガメに上がって欲しくないな〜と思いながら巡回を回ると、なんと上陸跡を見つけました。しかし、そのタートルトラックは上陸途中で引き返しています。やはり車のライトや騒々しさにひきかえしたようです。また一箇所上陸していましたが、こちらも同様。2箇所の上陸共に産卵できず。ウミガメにとっては良い迷惑なお盆休みですね。昔はお盆には海に近づかないって習わしがあったそうですが、ウミガメに静かに産卵させる意味もあったのでしょうか。
行方不明の学生さん、今日見つかったようです。ご冥福を祈ります。
写真は元気に渚で遊ぶ子ども達。自然との触れあいはじっくりと学ぶ謙虚さが必要ですね。
続きを読む "お盆みの賑わい"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

水難事故

どうやら昨日水難事故が起きたようです。暑くなるとどうしても水辺で遊びたくなります。しかし気をつけなければいけない事は海はプールと違って、もの凄く変化します。また昨日は西への流が強く、サーファーでも流れに手こずります。海を良く見てから自分で判断しなければいけません。何より今はいち早く、探し出されると良いのですが。亡くなられた方にはお悔やみ申し上げます。
ほとんどの人が、これから夏休みに入ると思います。この表浜にも遠方からキャンプやサーフィン、また釣りなど沢山の人が訪れます。表浜は穏やかな時は優しい面を見せてくれるのですが、本来の姿は外洋に面した荒々しい海岸です。楽しむ時も常に、自然の海で何時変化するか分かりません。近くの真っ黒なサーファーや漁師さん、釣り人に海の状態を聞いてから接しましょう。このような水難事故はもう起こって欲しくないですから。
今朝のウミガメ巡回調査はやはり、朝早くから人で賑わって嫌気になったのか上陸は確認できませんでした。続きを読む "水難事故"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

終息宣言は延期

今朝も月が西の夜空に浮いて浜辺も月明かりに照らされています。もうアカウミガメの産卵時期は過ぎた物と思って巡回を始めるといきなり上陸跡が渚に。おやおや、まだ続くようです。しかも、ちゃんと産卵していました。そして巡回の中程で消波ブロックに沿って延々と160メートルは続くタートルトラック。今までで最高距離に匹敵しますね。よほど産卵がせっぱ詰まっていたのでしょうか。汀線から数メートルの場所で産卵を確認。この位置では確実に流出します。一人で移植するのもこんきい作業と思っていたところ、こんな早朝に見覚えある人のシルエット。早速呼び止めて移植作業を手伝ってもらいました。145個の卵を無事移植。この時点でかなり日差しが昇ってきました。巡回の後半も1カ所上陸、しかしこれは消波ブロックの手前で帰海。その東にまた上陸跡、このトラックはちゃんと砂丘帯の辺りで産卵。
今朝は4カ所の上陸で3カ所の産卵。まだまだ続くのかな。(ちょっと疲れてきているのですが・・・)
明日からお盆休みで海岸はかなり賑やかな事になるでしょう。巡回調査も大変な時期です。
続きを読む "終息宣言は延期"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

そろそろ終幕かな

満月が渚の上に浮かんでいます。久々に月の明かりで浜が見渡せます。海は台風8号の残りのうねりでしょうか、未だ波が高くて時折沖合で一直線に崩れます。大潮も重なり、潮位も高く狭く感じる浜辺。巡回を始め渚線を注視するのですが、もはや上陸跡は見つけられません。そろそろアカウミガメの産卵シーズンも終幕なのでしょうか。今年は昨年の2割程度の上陸数です。何が要因なのか全国的に産卵数が減少しているようなので今のところはっきりしません。しかしあまりにも上陸数が少ないので気になります。上陸を阻む要因は沢山あるのですが、大きな要因の一つに私たちヒトが自然界の領域まで踏み込み始めたことでしょう。何十年も以前は本当に静かで美しい浜辺だったのでしょう。アカウミガメも数多く上陸し、無事に産卵し帰海していた表浜。今や様々なヒトで賑わう海岸となり、朝方まで大きな音を出したりする花火族が出没しだしました。大きな何かが失われています。
写真は今朝の日の出。既に日の出は山三つぐらい南に移動しました。秋も近いですね。
続きを読む "そろそろ終幕かな"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

マリア通過後

今朝は既に雨もあがって北の空は晴れ間が覗いています。浜に立つと西の風が吹き始め台風が通過したことがわかります。海はうねりも徐々に収まりつつありますが、とってもドブのような臭いが漂ってきます。浜辺にはゴミが流れ着き、ある汚濁した小河川からはかなり臭う汚濁した水が流れ込んでいます。欧米だったらバイオハザードの状況ですね。アカウミガメの産卵も終息傾向で渚には上陸跡は見あたりませんでした。産卵巣の位置を確認しながら巡回を進め、流出していないか見回ります。今回の台風は沖の瀬の砂を陸側に押し上げている傾向で、多少埋もれているもののほとんどの産卵巣は大丈夫なようです。また、粗朶・堆砂垣の浜がどのようになっているのか見回りましたが、意外としっかりと立っていました。ちょと驚くことに遡上する波に対しても堆砂垣の養浜が有効な事がわかりました。砂が堆積していると波の遡上も押さえられ、戻る波に取られる砂も少ないようです。これは凄い!粗朶・堆砂垣はもし台風で壊れたとしても元手は掛かっていませんから腹は痛くないですし。粗朶・堆砂垣の砂浜養浜はかなり有効です。
続きを読む "マリア通過後"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

台風7号マリア接近

今朝はどんよりと東の空は重い雲が広がっています。時折、沖合の雲から稲光が暗い空に走っています。どうやら沖では天気も大荒れのようですね。浜辺は海からゴーと波音が砂浜中に響いて白波が遡上してきています。潮位はそれほど上がっていないのが幸い、汀線から近い位置にあるウミガメの産卵巣が心配ですね。移植出来なかった場所もあるので波の遡上具合を注視します。今のところ波は多少被るのですが、別状は無いようです。実はウミガメの卵は多少海水に浸っても大丈夫なようになっているそうです。そして小島の消波ブロック撤去の浜も動向が気になります。今のところ、波の遡上はスムーズ。砂が瀬から浜の奥に運ばれ、ブロックも砂に埋もれる傾向です。大丈夫なようですね。意外なことに堆砂垣もなんと波に耐えています。砂地に埋もれていると結構耐久性が出るようです。
続きを読む "台風7号マリア接近"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

台風7号の影響

太平洋上に台風が一挙に3つ。そのうち7号(マリア)は西日本に上陸する予想。太平洋岸にも影響がありそうなので、産卵巣の事もあり夕方チェック。海は台風ってほどではないのですが、セットで届くうねりは沖合で一挙に崩れてクローズアウトです。当分海は荒れるでしょう。潮位はまだそれほど上がっていないようで、波の遡上はそれほどではありません。これ以上潮位が上がらないといいのですが。当然ですがサーフィンは西に強く流れているので出来ませんよ。
続きを読む "台風7号の影響"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

週明けは台風が

週明けの今朝、暗い浜辺からいつものように巡回を開始します。昨日の賑わいで砂浜は車の轍も多く、花火ゴミやBBQ残飯のゴミが残されて荒れています。なかなか見分けが大変で手間取ってしまいますね。今朝の海は既に台風からのうねりが入り始めています。時折、沖で一直線に波が崩れています。クローズアウトも近いですね。そのせいか、サーファーもまばらです。巡回を進め、海岸を行けども今日もアカウミガメの上陸は認められないようです。どうやら今年はこれで終盤となるのでしょうか。昨年の4分の1ぐらいしか上陸は確認できませんでした。大平洋がには台風7号、8号、9号と3つの台風が近づいてきています。まあ、9号は影響を受けるほどではないのでしょうが、7号はかなり接近し西日本に接近しそうですね。
そろそろ今度はアカウミガメのふ化時期です。この時期に台風は心配です。
続きを読む "週明けは台風が"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

日曜日は海水浴場並に

最近は表浜はサーファーや、釣り人だけではなくて家族連れでのキャンプや海水浴。またBBQパーティーと凄い物があります。早朝から車が続々と海岸に向かって今日の賑わいを想像させますね。巡回も困難になり、さすがに諦めモードです。こんな日はアカウミガメの上陸が無い事を願ってしまいそうです。結局、上陸は認められず、私も一日海で過ごします。
続きを読む "日曜日は海水浴場並に"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

週末はちょっとうんざり

海岸のあちらこちらの海岸進入路から車のヘッドライトが暗い砂浜を煌々と照らし暗い内から続々と海岸に車が向かって来るのが分かります。砂浜にたつと灯りが見え既にテントが張られているのがわかります。夏真っ盛り、週末となれば自ずと海なんですね。まあこんな日はウミガメには上陸して欲しくないのが本音です。巡回も車を避けながらで結構疲れます。海岸測道に砂が積もった場所では既に立ち往生している車も。どうみても通過出来そうに無いのですが。雨が降らない日が続くとちょっとした砂地でも簡単に車は立ち往生となります。JAFも毎日同じ場所に出動です。結局、今朝はウミガメは上陸は確認出来ませんでした。疲れましたね。
写真はスタックしてJAFに救助される車。週末は何台も同じ場所で立ち往生となります。
続きを読む "週末はちょっとうんざり"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

新しい風は東から

この遠州灘、表浜は西部に位置するのですが、天竜川からの砂の供給で砂浜が形成されていることは十分ご承知だと思います。その源からの供給が減少してしまい遠州灘の東部は侵食は深刻な問題になっています。西部の表浜は比較的に砂がまだあるほうで、御前崎や浜岡ほど緊迫してはいません。やはり遠州灘同様に、砂浜の消失は全国の河川と海岸の問題となってきているのです。要は上流で土砂が止められ下流に来ない。これが問題なのです。実は上流の土砂が溜まること自体はダム側としても困った問題なのです。土砂が溜まってダム自体が機能が落ちてしまっているのです。上流は溜まって仕方ない、下流は流れてこない、あれっと思いません?だったら問題の解決もできそうじゃん!しかも驚くことに天竜川の上流のダムに溜まる土砂ってのはほとんど砂浜の砂に近いのです。(小学校に習ったときは徐々に砂になるのでしたが)上流には海に運ばれるはずだった砂が余っているのです。(当然余分なシルトが混ざっています)
今、そこでその土砂をうまく、徐々に本来の河川機能に任せて流そうと国交省が考えているのです。(凄い!)そうなると海岸側も考えを変える必要があります。今度は砂が流れるとなると今までの海岸の人工構造物が邪魔をするのです。(うまく漂砂を流してくれない)そ〜ら!未来が少し見えてきた。
上流と下流と話し合えば、自然が仲を取り持ってくれそうです。
日本の原風景でもある砂浜。国土保全の為にも、安全の為にも砂浜を再生する必要があるのです。
どうやら日本の砂浜の未来は遠州灘から始まりそうです。
写真は「明日の海岸を考えるシンポジウムin静岡」での浜松市長の挨拶。やろまいかの浜松、負けていられませんね豊橋も!続きを読む "新しい風は東から"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今朝は上陸のみ

今日こそはと思ったのですが、どうやらウミガメの上陸跡のみで産卵は出来なかったようです。実は今朝も技科大のインターン生と共に海岸巡回。慣れない砂浜の歩行は大変だったらしく(いやそれよりもサンダル履きに問題が・・ね)初めての体験に手間取ったようです。ウミガメに出会えなかった(まあそう簡単にはね、出会えませんからね)ので表浜の砂浜海岸の形成や砂丘帯の海浜植生の話しなどしながらの巡回、三日前のウミガメの足跡などを見ながら歩いたので結構遅くなりましたが、インターン生のみなさんに海岸に興味を持ってもらえたら良しです。生徒さん、疲れたかな。これから技科大で海岸とウミガメの話しをしてきます。
写真はちょっとへたばりながらも砂浜を行く技科大インターン生、未来の砂浜は君たちが担う?のかな。がんばっておくれん!
続きを読む "今朝は上陸のみ"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今朝は無し

明けの明星が東の空に輝き、ゆっくりと日差しが浜辺に延びてきます。うっすらと明るくなった浜辺。既にルアーの人が数人渚に立っています。マダカが掛かり初めているようですね。一昨日は70センチぐらいのマダカを釣り上げて見えました。こちらはいつも通りに巡回を始めます。ヒトの足跡と車の轍が砂浜に多く残ってなかなか見分けが大変です。しかし、東西に延びる沢山の轍を見ると車両規制はどうなってしまったのか気になります。宵の口に進入しているのでしょう。これがウミガメにとって逆効果だったのかもしれませんね。夜間には砂浜にクルマで入って欲しくないものです。結局今朝はウミガメの上陸は確認できず。再度、西の海岸も見回ったのですが駄目でした。
写真はクロマツの流木、少し汀線が流木の影響を受けているのでしょうか湾曲してきました。

今日は以下のシンポジウムに参加します。
遠州灘の保全〜アルプスが育むウミガメ〜【事前申込】
「明日の海岸を考えるシンポジウムin静岡」
開催日 2006年8月3日(木)
開催時間 13:30〜16:30
会場 浜松プレスタワー
料金 入場無料
主催・共催・後援など 全国地方新聞社連合会
問い合わせ先 静岡新聞社営業局企画部
問い合わせ先TEL 054-281-9010

海の大切さを考えるシンポジウムです。基調講演は豊橋技術科学大学教授の青木伸一さん、元名古屋水族館飼育課長の呉羽和男さん、サンクチュアリNPO理事長の馬塚丈司さん。パネルディスカッションも行います。

基調講演「海岸侵食が進む遠州灘の海岸」青木伸一(豊橋技術科学大学教授)、「ウミガメの生態」呉羽和男(元名古屋港水族館飼育課長)、「アカウミガメの来る浜辺」馬塚丈司(サンクチュアリNPO理事長)。パネルディスカッション「侵食が進む遠州灘の保全について」青木伸一(豊橋技術科学大学教授)、清野聡子(東京大学大学院総合文化研究科助手)、馬塚丈司(サンクチュアリNPO理事長)、細見寛(国土交通省中部整備局河川部長)、コーディネーター山下徹(静岡新聞浜松総局編集部長)
続きを読む "今朝は無し"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

突然に

今朝は薄曇りで少し湿気を感じる空気の浜辺、暗い浜に立つと西の浜から花火が上がっています。午前3時半に花火か・・・・当然、子どもではありません。若者でしょうが行動は子どもより悪い。花火の燃えかすはかならず放置、しかもビールなどの空き缶まで残して行きます。そろそろ花火に対して欧米並に規制を掛ける必要があるのでは。啓蒙だけではもう限界のような気がします。例えば時間制限とか。どう考えても早朝の3時から花火を行わなければいけないとは思えないのです。また、花火自体の販売もの在り方も考える必要があるのではないのではないのでしょうか。ため息をつきながらの巡回を開始。もう上陸・産卵は終了したのかもとの思いもあり、諦めながら回っているとなんと2カ所上陸していました。一カ所は産卵しており、もう一カ所は砂丘の植生に乗っかりながらも産卵しなくて帰海。そして後半にも一カ所の上陸。計3カ所です。どうやら、いったん一休みしていた上陸もまだまだ続くようです。
続きを読む "突然に"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

終わってしまったのでしょうか??

う〜ん、どうも海が静かになってしまいました。と言うのも変ですが、正確に言うとアカウミガメの気配が無くなってしまいました。今シーズンはこれでお終いなのでしょうか。まだまだ期待したいのですが、今朝もボウズです。全国的に今年は上陸が遅れ徳島の浜ではこのまま行くと上陸がゼロになってしまいそうです。何という変動なのでしょう。海水温度はやっと上がり始めたと言うのに・・・・・。
浜は東風が吹き始めて雲も広がっています。雨も少しパラつきましたが本格的な崩れではないです。海も風波程度でサーファーより釣り人が多いですね。ある浜ではルアーで約80センチはあろうかと言うスズキを釣り上げていました。凄いな〜。
8月に入った今日、豊橋が市制100周年となる日ですね。表浜ネットでも市制100周年にて表浜おいでん祭を昨年は開催しました。これから式典に参加してきます。忙しい日々が続きます。
写真はクロマツの流木、少しずつ、少しずつ西に移動していきます。
続きを読む "終わってしまったのでしょうか??"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi
| top |
表浜ネットワーク
表浜写真集