<< Apr 2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

季節風

今の時期は当然ながら低気圧が日本海側から東に抜けていくのが通常。しかし今年は前線も含め太平洋岸を通過するパーターンが多いようです。一概に温暖化とは言えないが、偏西風の変化や海流の変化など様々な影響によるものと思います。しかし、なんとなく季節風が弱い日が多い。地道に粗朶・堆砂垣は効果を出しているのですが、堆砂に埋もれるほどとは言えませんね。暖かかった今日の夕方は多少の北西風。海は比較的に穏やかで多少のうねりが入っている程度でした。月曜日は人が少ないね。続きを読む "季節風"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

人工化する海岸と野生生物の関係

稚ガメが消波ブロックに落ちていると通報頂き、忙しさの中、遅れてしまったのですが今朝確認に行きました。現場は私たちの調査範囲が届かない田原の海岸です。現場に到着すると早速、ブロックの穴を注意深く見回ります。やはり稚ガメの死骸が見つかりました。海岸は汀線から40メートルほど傾斜堤手前4メートルぐらいにブロックが位置しています。産卵巣はかすかな稚ガメのタートルトラックを辿って見つけることが出来ました。傾斜堤の直ぐ根本で産卵したようです。海側は砂浜が下がっていて今の時期だとどのように親ガメが上陸したのか(たぶん8月後半ぐらいかな、上陸時には砂が上手く掛かっていたのでしょう)消波ブロックを越えて産卵した訳です。で、稚ガメが孵化して脱出となったのですが、ブロックの穴に落ちてしまったのです。ブロックの穴の中には稚ガメの足跡がグルグルと回っています。その穴には2匹の稚ガメの死骸が認められました。確認出来た死骸は12匹。現場を見る限り、稚ガメは越えることはほとんど不可能な感じなので、まだ砂に埋もれてしまった稚ガメも多数なのでしょう。仕方がないので産卵巣も掘り出して確認しました。なんと生存は3匹。1匹は死骸。他は全て孵化したようです。生存していた稚ガメはほとんど衰弱しきっています。たぶん生き延びることは難しいかな。でも、海に向かって稚ガメは進みました。ここまで防災面で人工化が進むと野生動物に影響を与えることは免れません。考える事が出来る私たちヒトがなんとか方策を練ることも必要ではないのでしょうか。
※通報頂きました今井さま:確認出来ました。ありがとうございました。
続きを読む "人工化する海岸と野生生物の関係"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

オサガメの漂着

今朝、日本ウミガメ協議会から連絡が入り、22日にオサガメ(Leatherback turtle)が田原の久美原の浜に上がっていると、春日井からサーフィンに来ていた人が通報してくれたようで確認に行くよう協議会から要請があり、早速、久美原の海岸に向かいました。通報から3日経っているのでどうなっているのでしょう。ちなみにオサガメは国際自然保護連合レッドリスト指定絶滅危惧種(ワシントン条約付属書Tに記載)なので死骸と言えど勝手に処理はできません。DNA鑑定の為の肉片採集と現状確認です。しかし、現場を探しても見あたりません。浜辺は静かにさざ波が押し寄せているだけです。たぶん埋められてしまったのか、もしくは流れてしまったのでしょうか。残念!(出来れば、もうすこし早く連絡が欲しかったなあ〜)
辺りの海岸を少し散策してもやはり見つからないので終了。今度はもっと早く連絡してくださいね。
写真は通報を頂いた時のもの。このオサガメの情報をご存じの方一報頂けるとありがたいです。
e-mail:info@omotehama.net
続きを読む "オサガメの漂着"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ふ化調査、もう最後ぐらいかな

今日は夕方にふ化調査。先週末に脱出が確認された浜へ向かいました。日没前になんとか終わってしまいたいので慌てて作業開始。掘り出すと1匹だけ稚ガメが生存。これもだいぶ出遅れて衰弱しているようです。そのまま、海に向かって行きました。この産卵巣の総数は84個。その内、未ふ化が12個。稚ガメの形成まで進行していたのが2個。あとは胚の形成も無かったようです。自然産卵の状態では波もなんどか被っているのですが孵化率は良い方ですね。夕方は東風がやや吹き始めています。海も波はほとんど消えてフラットに。明日は波も無いかもね。続きを読む "ふ化調査、もう最後ぐらいかな"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ふ化調査も終盤

夕方、浜辺に行くとほとんどフラットな海に釣り人だけ。穏やかな海です。さて、ふ化調査も終盤に掛かってきました。今日は移植した場所の確認です。掘り出してみると卵の殻が多く、なかなか成績は良いようです。144個の産卵の内、135個が孵化していました。生きていた稚ガメが1匹。でも、地上に出られなくてかなりやせ細り衰弱しています。たぶん生き残れないのでしょうが海に向かって旅立ちました。そろそろ孵化も最後が近いです。
写真はやせ細った稚ガメ、掘り出さなきゃこのまま死んでいたのでしょう。それも野生の厳しさですね。続きを読む "ふ化調査も終盤"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

赤羽根漁港のアカウミガメ

見守るために伏せてあったのですが、今朝の中日新聞で取り上げられていたようです。2ヶ月近く、表浜の赤羽根漁港に居座っているアカウミガメ。先週確認しに行った時の様子です。かなり年老いたアカウミガメの様子で右後ろヒレが欠損し、甲羅はかなりの範囲で割れています。体力が無くて外洋に出られないのかと思えど、なんだか人に怯えた様子も無く、(愛嬌があるけど)漁船が通ってもお構いなしに、逆にこちらが心配してしまいます。水温が下がり始める10月。18度近く下がるような事があったら保護する必要があるのでしょう。今しばらくは静かに様子を見守っていこうと赤羽根塾・南知多ビーチランド関係者の方とも話しました。観察は大丈夫と思いますが、手出しはしないように静かに見守っていきましょう。
先週確認した時の様子の映像です。。クイックタイムで約10メガほどです。続きを読む "赤羽根漁港のアカウミガメ"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

バビンカ?16号迫る

またもや週末は荒れそうです。しかも今度は台風16号バビンカ(BEBINCA)が台風17号ルンビア(RUMBIA)と共に週末は北上しそうです。今朝の海は前線のうねりでしょう。東風の影響を受けてなんだかボヨボヨした波。でも、脂身さんとガクちゃんと小3時間入水。セットは肩ぐらいあってそこそこ楽しめましたが風が悪すぎ。さて、孵化状況ですが、後半は一箇所で脱出が完了したようですが、他は未だ反応無し。週末のバビンカとルンビアの動向が気になります。しかし今年のネーミングって・・・。続きを読む "バビンカ?16号迫る"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

やっと雨が上がった

今朝はやっと雨が上がりました。雲は多少残るものの、今日は晴れそうです。海も穏やか、波は胸程度のうねりが割れています。浜辺は釣り人が多く、キス、カマスを狙っているようです。浜崖が少しずつ西に移動中。去年は9月ぐらいに起こっています。秋に海流と潮位の変動で起きるのでしょうか。ちょっと様子を見て行きたいですね。10月はエクスカーションも予定していますし。養浜活動も再開しなければいけません。去年の堆砂垣もかなりボロくなってきました。まだまだ忙しいですね。続きを読む "やっと雨が上がった"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今朝も雨が残る

10月に入って天気は優れません。今朝も雨は小康状態になったのですが、空には雲が残って、すっきりとしません。気温は秋に入って順調?に下がってきています。水温がまだ23〜25度ぐらいはありそうですが、まだ残っている産卵巣も早く脱出してくれると気が楽になるのですが。と言ったところで今朝は一箇所脱出跡を確認。昨晩に渡って稚ガメが帰海したようです。日照時間が短くなると、水温がこれから急に下がる事もあるのでこれからの脱出状況は気になります。続きを読む "今朝も雨が残る"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

ふ化調査

今日もふ化調査を実施しました。桜丘高校の生徒さんが来週の文化祭で昨年に引き続き表浜のアカウミガメを発表したいと言うことなので、桜丘の生徒さんにふ化調査を体験してもらいました。一通りの講習と表浜の環境、そして調査の目的を話してから、生徒さん自ら調査を行う事に。当初は臭いと言っていたけど、途中から卵の状態を見せると興味を持ってきたのか、卵を割る作業も順調にこなしましたよ。アカウミガメの実態を見て何かを感じ取ってくれると嬉しいですね。続きを読む "ふ化調査"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

今朝は雲が広がって

今朝は雲が広がっています。週末なので釣り人やサーファーがぞくぞく来るのは良いのですが、サーファーの運転は飛ばしすぎ。波も無いのになんでそんなに慌てる必要があるのか分かりません。週末はこれだから困ります。気をつけましょう。浜辺には釣り人がズラリと並んでいます。風もほとんど無く、海はほぼ真っ平らに近い。孵化状況は相変わらず変化ありません。9月も最後、これから日照時間が短く、暖かさも弱くなって行くから成長も遅れているようです。続きを読む "今朝は雲が広がって"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

凪いだ海に

今朝は雲が少し低く広がっています。浜辺は西風も少し弱まり海は凪いでいます。うっすらと入ってくる腰程度のうねりの線が綺麗に海面に浮き彫り出します。沖に浮かぶサーファーも波待ちが長くて、ちょっと暇そうです。釣り人は多く、早くから浜に並んで思い思いに竿を伸ばしています。なんだか波も無いからサーファーより釣り人の方が今日は多いですね。気温も下がって来て後半の産卵巣の孵化状況が気になるところですが、未だ反応はありません。ちょっと心配ですね。今週末もふ化調査に入る予定です。続きを読む "凪いだ海に"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

涼しいと言うより

彼岸花が咲き乱れる?季節です。もう朝の浜辺は涼しいと言うよりちょっと寒い?と感じるほどです。昨日から吹き続ける西風で海は穏やか。水平線が東から西へとすっきりと延びています。砂浜は多少の浜崖が生じている程度で今は安定していますね。台風の影響もそれ程ではないので変動が少ないのが影響しているのでしょうか。ウミガメの孵化状況は今朝も変わりはありません。静かな物です。もう10月の声が聞こえてきます。じっくりと待つしかないようですね。続きを読む "涼しいと言うより"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

変化無し

週明け、先週は台風ヤギの動向が心配されたのですが、さほど影響は無く、残された数カ所の産卵巣も無事でした。今朝の海は西風の影響で荒れていた海もかなり収まって穏やかな感じになってきています。波も頭から肩程度の高さで割れている程度。釣り人もサーファーも戻ってきました。孵化の状況は変化無し、残り数カ所、もうすこしで海に向かう日ですね。明日からSFJの第2回全国サーフシンポジウムIN 東京ビッグサイトに向かいます。だからレポートは2日間はお休みとなります。秋に向かって様相を変えつつある浜を後に後ろ髪引かれる気持ち。ちょっと波も気になりますし孵化も気になります。続きを読む "変化無し"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

台風ヤギのうねり

やはり今朝は海はクローズアウトですね。昨晩から届き始めたうねり。今朝は一見穏やかなのですが、間隔を持って入るセット波はダンパー波です。(無理すれば入れるけどね)これから2〜3日はこんな状況でしょう。朝は満潮ですからこれから潮が引くとさらに荒れるでしょう。海岸ではサーファーも海を見て思案中。釣り人も今日は諦めてみえるようです。さて、ふ化状況もいよいよ後半、確認出来る場所は4箇所程度になってきました。そろそろふ化時期が近づくのですが、まだ変化はありません。9月も日照が例年より少ないのかな。続きを読む "台風ヤギのうねり"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi

続く、ふ化調査

今朝は朝からふ化調査の予定。かなり孵化は進んだので数も少なくなってきました。
まずは、19日に何者かに捌かれた産卵巣からふ化調査を行います。卵の欠片は辺り一面に散らばり酷い有様。渥美でも同様にタヌキか何かに荒らされたようですが、ここもどうやら小動物(ハクビシンのような)の足跡が辺りに残っており、その小動物に荒らされたようです。全て掘り尽くされ卵は全部ありません。綺麗に食べ尽くされたのでしょうか?一つも残っていませんでした。もう、一箇所は砂丘帯の縁の崩落しそうな場所。101個の産卵に対し54個の卵が無事に孵化したようです。2個は胚から甲羅の形成で止まったものと、稚ガメまで形成し卵黄が腐食して止まったものでした。さて、気になる台風ヤギはどうなのでしょう。調査後、昼間で入水しましたが、全然駄目でした。うねりもまだ届いていないようですね。
写真は、小動物に捌かれただろう産卵巣を調査するところ。続きを読む "続く、ふ化調査"

permalink | - | trackbacks (0) | posted by surfyuzi
< 表浜のウミガメ調査 2 | top |
表浜ネットワーク
表浜写真集